上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

遠出はしなかったけれど

目覚めたら9時。せっかくの3連休だったのにたいしてお出かけもせず。

相方がホットミルクとバナナだけ口にして走りに出たので、その間に用意した朝食。
c0069036_1551696.jpg
トーストしたベーグルに塗ったのは、マスカルポーネと、会社の人にもらった手作りイチジクジャム。無花果ラブなわたしはたいへん嬉しかったです。

用意しているときに相方の携帯電話が鳴ったので出てみると、どうやら中国人の友人っぽい。(日本語は上手!)帰ってきた彼がCBしたところによると、地元も同じで、留学先の大学も同じ友人からだったらしく、彼はその後中国に帰って大手旅行会社の副経理(副社長)をしていたけれど、やめて自分で会社を興そうと考えているとか。こういう人が相方の周りにはいっぱいです!

その友人と近くで待ち合わせて1時間くらい話をして帰ってきた相方、以前だとビジネス話を聞いて帰ったらすっかりその気になって「ボクたちも会社作ろう♪」と盛り上がる男でしたが、最近はさすがに現実を知ったらしく、意外なほど冷静でした。やっと・・・。

お昼前に姪っ子がやって来ました。夕方から友達と待ち合わせているにしては、早すぎる到着に、「もしかして■ちゃん(相方)の作るお昼ご飯狙い?」と訊いたら、「もちろん!●ちゃん(わたしね)だけだったら、たいしたもの食べさせてもらえないもん」ですって!!

相方もかわいい姪のためにいつも以上に腕をふるって料理していました。
c0069036_1516266.jpg
海老と大根の胡椒&オイスターソース炒め、青菜と椎茸の炒め物、豚肉と人参、マッシュルームの炒め物。「おいし~」と姪っ子はパクパク食べてくれてました。

キムチチャーハンはわたし作。みんな「白ごはんを食べる」と言っていたから、「じゃあたしだけ食べよう」と思って昨夜のキムチ鍋ののこりでチャーハンを作ったのに、ふたりから「ちょーだい」光線を出され、結局3人で分け合うことになりました。

にんにくの臭いを消すのはリンゴ!と以前「伊東家の食卓」でやっていたので、食後はフルーツ(リンゴ、梨、バナナ)のヨーグルト掛けを。女子なのに普段あまり果物を食べない姪っ子も「こういう風にして出してもらったら食べられるね」とかわいいセリフを言いながら食べてくれました。

お昼ごはんを終えて、ふたりを送り届けたところで、3連休の終わりが近づいたことを実感。この休みはわたしの友人や家族関係に相方をかなり巻んで申し訳なかったけれど、わたし的にはわたしの愛する人たちとの時間に、愛する夫を加えることができて、ちょっぴり嬉しい3連休でした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2008-11-03 15:32 | 週末婚生活再び | Comments(0)