上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

ん?この扱いは?

昨夜はわたしがリーダーをしているグループの新年会でした。乾杯の音頭もとって、テンションあげあげでがんばりました。
c0069036_98558.jpg
会の始まる前の1枚。始まってからは、ガールズトークで盛り上がり(役職者以外はみんな女子)、写真を撮る間もなく・・・。

残業禁止令で内勤者はたちまち給料減状態となっているから、「ランチのランクが下がった~」とか、「お化粧品をガマンする」なんて節約話となりましたが、それでもガールズトークには悲壮感などない。決して愚痴っぽくならないのがいいです。個性豊かなメンバーですが、みんなかわいい、ラブ!「この業界はわたしたちが支えているというプライドをもってガンバロウ!」(←これ乾杯の音頭のときのわたしのセリフです。)

今朝は7時過ぎから起きています。午前中に電子レンジの出張修理の人がやって来るので、身づくろいをして部屋を片付けておかないといけないので・・・。そういえば、先日相方に「レンジを修理する」と伝えたら、「●ちゃん、運べるかな?」と心配してくれて、その「いつまでも女の子扱い」にキュンとなった、と書きましたが、その後「土曜日に修理の人が来てくれるよ」と伝えたら、「●ちゃん、大丈夫かな。対応できるかな」と返されました。ん?わたし立派な社会人なんですけれど。なんだか最近の彼のわたしへの対応は「女の子扱い」というより、「ボケ老人扱い」のようじゃない?

昨夜も「明日修理の人が来るよ」と言うと、まだ「大丈夫かなあ」と心配していました。「ちょっとぉ、何が心配なの?」と訊いたら、どうやらわたしの電器知識のなさが不安だったようです。(彼が上海で勤務していた家電メーカーは電子レンジをメインで作っていた!)まあ、心配してくれる人が居るというのはシアワセなことですね。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-01-31 09:27 | まったり休日 | Comments(0)