上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

危機感など要らない?

思いついて仕事のあと、カット&パーマへ。同じ美容院に通う同僚Sちゃんが先日髪を切ったときに、わたしたちのカリスマ美容師、K氏に「●さん、上海でおっさんに髪の毛切られてました」と報告してくれていたので、彼はその出来映えを楽しみにしていたみたいです。そしてK氏の評価は、意外にも「なかなかちゃんとカットできてる!」というものでした。実はわたしもなにげに気に入っていたんです。特に重めの前髪とか。

「で、いくらだったの?」と訊かれ、「夫とふたり分のシャンプー・カットで1000円くらい」と答えたら、「それはすごいな」と感心され、「よし、負けないぞ!」と気合を入れてとりかかってくれたのでした。

結果、希望通りの髪形に♪
c0069036_21512411.jpg
c0069036_2262884.jpg
真棒(サスガ)!

同世代K氏とは話も合い、今日は「今の不況やインフルエンザへの恐怖はマスコミが作っている」という話題に。単なる風邪なのに、「インフルエンザに罹ったかも」という思いで本当にインフルエンザの症状になってしまうらしい、なんてことを教えてもらいました。「わたしは逆にインフルエンザに罹ったとしてもそれを自分自身で認めない」と、「以前年末の上海で高熱を出して帰国した後、さすがに会社は休んでも、インフルエンザと診断されたくなくて病院には行かず、水分取って寝て治した」という話をしたら、「一緒、一緒」と共感してくれたり。

あと、昨夜相方に「●ちゃんは危機感がない」と批判された話をしたら、K氏に「危機感なんて持つ必要はないと思う」と断言されて、ものすごく元気をもらいました。

髪型も満足で、身も心も元気なって帰宅したのが20時過ぎ。去年までなら余裕で残業中の時間です!この生活に慣れてしまうのがコワい気もしますが。

生ハムと大根とセロリのサラダ、ウィンナーときのことザワークラウトの炒め物をささっと作って晩ご飯。
c0069036_22105344.jpg
同じチームのカリスマミセスが作って持ってきてくれたスパムむすび。めちゃくちゃうまい~。赤米ごはんにスパムの塩分がとても合います。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-02-04 22:18 | 戦いの日々 | Comments(0)