上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

腫瘍マーカー!!!

有給休暇(手術で1ヶ月休んでもまだ残ありなんですよね)取って、術前検診へ。血液検査、尿検査、心電図、胸部レントゲン。異常ナシ。そりゃそうでしょうよ、わたしの自信部門で、毎年健康診断でも褒められているんだから。麻酔科のDr.にも「元気そうですもんね。」と言われちゃいました。

しかし、モンダイは血液検査の腫瘍マーカーのところ。ひょっとして前回がたまたま異常値であって、もう正常になってんじゃない?と甘い期待をしていたのですが、さらに数値は悪化。ドン!さらに2倍

婦人科のDr.(今日は主治医とは違う先生)にも、「他は何も異常はないけれど、やっぱりここですね。手術をしないといけないということです。」と言われ、「はい、納得がいきました。」と覚悟を決めたのでした。

仕事は「なんだかなあ、もう」ということばかりで、チームのリーダーTちゃんからも「検診結果に悪影響が出そうだね」と気遣ってもらっているんだけど、本当にありえないことが起きるので・・・。彼女なんて昨夜お風呂あがりでジャージで居たときに会社に呼び出されてますから。

でも昨日受講させてもらった、経営コンサルタントの研修はけっこう面白かったです。「次世代後継者育成プログラム」だとかで、マネジメントスキル、計数管理等の講座内容をざっくり説明してもらいました。わたしの苦手とする分野なんだけれど、今までいくら眺めても理解できなかった管理会計のことがちょっとだけわかったみたい・・・。

嬉しくて相方に報告していたら、「今さらそんなところ?」と鼻で笑われて、そこから損益分岐点を求める例題などをいろいろ出されてしまいました。(相方は日本の大学では商学部。)あまりに調子にのって喋り続けるので途中で飽きていたら、「きいてる?もう飽きた?」と鋭いツッコミを入れられたり・・・。相方は技術屋だと常々思っているんだけれど(中国の大学は実用電子学専攻)、意外と日本の大学でもちゃんと勉強していたんだなあ、と感心させられました。

そんな相方からのホワイトデーのお返しはまだもらえてない・・・。そう訴えたら、「あげたじゃん、お茶。」だと。
c0069036_14303212.jpg
もしかして上海のスーパーで買ってきた立頓(リプトン)のティーバッグのことでしょうか???「うそでしょ?」と悲しげにわたしがつぶやくと、「うそうそ、また今度上海で買ってくるから~。」とのことでした。期待してもいいですか?
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-03-19 14:43 | 戦いの日々2 | Comments(0)