上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

そして彼は帰っていった

夕方のバス(高速の渋滞がたいへんなことになっているんだろうなー)で相方が帰っていきました。明日もう1日休みなのに、「明日は仕事の準備があるから」と病みあがりの妻を置いてあっさりと帰っていきました。一緒に居てもご飯食べるとき以外は別々のことをしていて、彼はリビング、わたしはベッドルームに居ることが多かったんだけれど、やっぱり居なくなると寂しい。

朝7時台には目覚めて(就寝時間が早いし、昼寝もしていたからね)、「おはよー」「おはよーっ」とあいさつを交わし(ちなみにわたしは彼の元気な「おはよーっ」の声が好き。実家の父の「おはうさん」(神戸っ子なので「よ」にアクセントあり)というあいさつも好きだけど)、「今日は何する?」とだらだら相談する時間が至福のひとときでした。ま、これといって何もすることはありませんでしたが。
c0069036_1838366.jpg
これ、GW中の基本の朝ごはんです。彼が圧力鍋で作る八宝粥。最近好きになってきました。彼がジョギングから帰ってきた9時くらいに食べ、その後彼はシャワー、わたしもシャンプー&シャワーというのが日課でした。

本日のお昼ごはん。
c0069036_1839547.jpg
昨夜から仕込んでいた豚肉&シソ巻きの串焼き。食べる直前まで彼に対して腹が立つことがあって怒りモードだったわたし。無言のままこれをひとくち食べたところ、あまりのおいしさにいっきに機嫌が直りました!茄子のひき肉はさみ焼きはわたし作。大根おろし&ポン酢でいただきます。これもまずまず。
c0069036_18433289.jpg
ずりの串焼き。これを作るのに相方が手間取って「なんたる段取りの悪さ!」とわたしがキレたのでした。病人なんだから心を安静にしなくては!
c0069036_1844446.jpg
わたし作、鶏と明太子のたきこみご飯。意外とレシピに忠実な相方に対し、オリジナリティがわたしの料理のウリですから、隠し味は梅こぶ茶にしてみた。これが大正解!本当はササミで作りたかったのに、相方がもも肉を買って来たので・・・。次回はササミで作ります。
c0069036_18562969.jpg
デザートはマンゴーアイス。うちのベランダ、左側がこのGWから育て始めたゴーヤです♪

今日のお昼に作った茄子のはさみ焼きは、昨日ランチを食べに行った、いつも大繁盛のうどん屋さんで食べた茄子餃子を「再現してみよう!」と彼が言うのでチャレンジしたものです。
c0069036_18594515.jpg
うちのキッチンでは揚げ物はしないので、焼いてみました。味はほぼ再現できたのではないかしら。とりもも肉と豚ももの切り落としをバーミックスで轢いて作った力作なんです。

ちなみにメインのうどんは、彼はいつもの煮豚入り野菜あんかけうどん、わたしはカレーうどん
c0069036_1914994.jpg
c0069036_192029.jpg
カレーうどんはおいしかったけれど、もうちょっとあっさりしたうどんのセレクトにすればよかったかも・・・。にしても、外食は後片付けをしなくていいからシアワセ~。

そんなこんなで、スーパーの買出し1回、図書館1回、外食2回というごくごく近所への外出以外はおとなしくおうちで過ごしたGWでした。うちの母なんて「■さん(相方)、家事で疲れたんじゃないの?」なんて気遣ってましたが、まったくそんな心配ご無用、本人は「ああ、いっぱいいろんなもの作れたな~」と満足してますから。いや、わたしも予定以上に手伝いましたよぉ。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-05-05 19:10 | 2009初夏療養の日々 | Comments(0)