上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

復帰して2週間

昨夜飲み会から意外と早く帰って来た相方の第一声は「月報どうなった?」でした。まったく・・・。「もう直して返信したよ。」「本当。さんきゅー!じゃ、早く寝てね。」と切りかけるので、「もう用なしなわけ?」とつっかかっておきました。苦笑してその後しばらくしゃべりましたが・・・。

でも送別会の会場が「王将」って、シケてるなあ。夫婦揃っていまや非常に売上的に厳しい派遣会社(相方のとこは請負メインだけど)に勤務しているのだけれど、なんだかんだ言ってもうちの会社の飲み会のお店はいまだにこじゃれています。アダルト女子が多いからかもしれませんが。

で、わたしはというとすっかりフルタイム勤務の人に戻っていて、毎日録画しているクムスンを帰って観るのだけを楽しみに働いている状態です。これじゃOL2-3年生なみだよ。といっても、担当しているユニットの業務分析、人員計画等・・・がんばってはいますのよ。

今日はタイムシフトだったので19時過ぎくらいまで働いていたら、男子たちに「もう身体だいじょうぶなんですか?」といまさらながら労わられた。婦人科系の病気で休んでいたのはおそらく広まっているので、やっぱり訊きにくかったんだろうなあ。年賀状に「また●さんのリーダーのもとで働きたいです」なんてかわいいことを書いてくれるようなかわいい男子たちです。

帰宅してからの晩ごはんは、体力に余裕があれば自炊しているし、無理と思ったらデパ地下でALL調達しています。ムリをしないのが一番!最近は、実家からそら豆を大量にもらって帰ったので一部を軽くゆでて冷凍し、残りはさやごとグリルでやいてビールのおつまみにしています。シアワセだわん。
c0069036_2205273.jpg
c0069036_221348.jpg
これは療養中に実家で作ってもらって食べていたごはんです。土鍋で炊いた豆ご飯とか、季節を感じられるものを口にするのはいいですね~。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-05-28 22:05 | 戦いの日々 | Comments(0)