上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

give up!ラフマニノフ

あつかましくも辻井くんの影響を受けて、またピアノを始めた。正確にはピアノではなく、マンションにピアノは置けない(買えない)ので、昔買ってホコリをかぶっていたカシオトーンを引っ張り出してきたのだ。
c0069036_23104637.jpg
1日練習をさぼると取り戻すのに3日掛かる、と言われるくらいだから、わたしのテクはバイエル時代に後退!?小学校の発表会に弾いた『エリーゼのために』はかろうじて弾けました・・・。

もちろん、ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第2番』が弾きたいのだけれど、これは音大生でさえもまともに弾きこなせない難曲らしく、あっさりあきらめました。

実は、小学校へ上がる前から通っていたYAMAHAの音楽教室で先生が弾く和音を当てるゲームがあり、そこでわたしは「神童」と呼ばれていました。ドミソ、シレソなどというレベルではなく、#ひとつ付いたのも聴き分けていたらしい。ああ、そのときの才能を大事に育てていたら、中国語の聞き取り(巻舌音とか)もばっちりで語学も上達していたでしょうに!

その後小学校卒業までピアノは続けたものの、本当に喜びを見出せず、したがっておうちで練習もせず・・・。当時毎週土曜日に小学校の音楽教室で習っていたのだけれど、自分の番がくる30分前に教室の隣りの講堂に置いてあるピアノでやっつけ練習をして臨んでいました。

でもいやいやながらも通っていたおかげで楽譜も読めるし、おとなになってからまたやろう、と思えるわけで、月謝を払い続けてくれた親に感謝です。

しかし今日はすでに練習する気力なし。だって相方から「宿題テスト、助けて~」とまたもやSOSが。彼の会社は毎週月曜日に法律に関する確認問題が出されるのです。今日は派遣法だったけれど、これが情けないことにネットで検索しながらじゃないと答えられない!なんとか解答欄を埋めて返信し、「でも最後の問題がよくわからなかったよ」と伝えたら、「いいよ、毎回100点だったら怪しまれるから。」ですって!ここのところずっと満点取っているらしい。って、わたしが回答しているんだから当然でしょっ!!
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-06-22 23:38 | 戦いの日々 | Comments(0)