上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

《総括》今回の上海滞在はイケテいなかったのか

本日大阪からバスで戻ってきたのですが、なんと1週間バス会社の駐車場に停めていたわたしの車、エンジンをかけてもうんともすんとも言いませんでした(泣)。

加入している自動車保険のロードサービスに応急処置をしてもらい、結局近くのイエロー○ットでバッテリーを買い替えるはめに(号泣)。「終わりよければすべてよし」というけれど、終わりがこれじゃあね~。でも行く日の朝じゃなくてよかったし、昨夜帰って来ていたら深夜の駐車場でパニックに陥っていたと思うから不幸中の幸いなのでしょうか。

とはいえ、6月のイケテナイ関西遠征に続き、今回の上海滞在もなんだかダメダメだった気がする・・・。わたし自身のモンダイでもあって、自分の欲求不満耐性が下がってきているのを実感しました。なんといってもあの国ではおおらかな心でないと生き延びていけないというのに!

そして、なんか上海に居るとS度があがってくるんだよね~。(もともとM気質だからつらい環境も楽しめていたのに!)

相変わらず地下鉄がホームに入るや否や我先にと乗り込むし、くわえタバコも多いし、やたらと距離感が近くてガンガンぶつかられるし、と、わたしの「許せない」と思うことをバンバンやってくるんですよね、人民のみなさんは。

はーっ!?(↑ はんにゃの金田くん風にね)、こらーっ!おいおいっ!と何度心のなかで叫んだことでしょう。あ、ときどき声にも出していましたがね。
c0069036_1955304.jpg
ね、だから降りる人が先ですよぉ!!(地下鉄のホームにて撮影)

そして大陸に降り立ったとたんいっきに「中国のおっさん」になってしまう相方に対しても、同様に、はーっ!?ありえないんですけどぉ、の連発で、本当に「リコン」を何度も考えました。まあこちらが怒っていても、しばらくしたら「●ちゃーん、機嫌直ったぁ?」とふつうに訊いてくる男なので、やや、わたしだけがちっちゃい人間みたいじゃないか、とがっかり。

そんなこんな日々でしたが、今回気づいたのは、日本の生活以上に「謝謝」「不用謝」(ありがとう、どういたしまして)を交わすことが多いなあ、ということ。地下鉄でちょっと席を詰めてあげても「謝謝」と言われるし、こっちが「謝謝」というとすかさず「「不用謝」と返されます。

そして・・・、

イケメンが増えた!!

地下鉄に乗ってもスタイルのよいこざっぱりとした若者が1車両にひとりは居ます。これはウレシイ限りです。
もしかして今回2号線を多用したせいもある?イケメン度は「上海地下鉄2号線」>「1号線」というのがわたしの市場調査結果ですが、いかがでしょうか?

ってことで、今回の上海滞在、イケテナイこともなかった、というまとめでどうでしょう。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-08-16 20:18 | 2009暑假上海 | Comments(0)