上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

第6日目

今朝は早起きをして、義妹の知り合いの不動産屋の営業マンと一緒にマンション見学へ。彼はV6の長野くんもどきのなかなかの男前で性格もよい男子です。

今のわたしたちで買えそうな物件となると・・・、悲しいかな、どんどん街の中心を離れていかざるを得ません。

たどり着いたのは今注目の住宅エリアで、今度第3期の売り出しが始まる物件。2件ほど中古物件(1期売り出し分)を見学。けっこうきれいに内装している老夫婦のお宅におじゃま(トイレを借りてしまった・・・)、まずまず合格点かなと思ったけれど心惹かれるまではいかず。なんといってもひかかったのは、エントランスの落書き・・・。誰かの名前と電話番号が数件堂々と書かれていました。エントランスの壁はあなたのメモ帳ではありませんよーっ。「自分のマンションの共有部分に平気で落書きできるような人たちと一緒に暮らしたくはありません」と大和なでしこ、はっきり意見を述べさせていただきました。

「どうせなら新築にしようよ。」ということで、まもなく売り出し予定の区間を見学に。
c0069036_239507.jpg
滞在中、この日だけが暑かった!長野くんと相方のあとをよれよれと追いかけるわたし。途中で長野くんがお茶を買ってくれました。

周囲もまだまだ工事中。
c0069036_2311138.jpg
現場監督風のおじちゃんが、わたしたちが希望している棟を指差して教えてくれています。

部外者は立ち入り禁止なのにこっそり入り込んで、案の定見つかり叱られてそそくさ戻ってきている長野くん。
c0069036_23122916.jpg


まもなく売り出し開始らしいですが、競争率がすごいみたいです。(相方は長野くんに前夜から並んでもらうよう!!!)わたし的にはまもなく近くに地下鉄の駅ができることと、敷地内に緑が多く、ショッピングセンターもできる予定というのが魅力かな。なんとか買えそうな値段(相方がローンを組みます)だし。

あと、
c0069036_2315215.jpg
中国の公萬によくある緑の窓枠↑が苦手だからこれは避けたかったのと、外壁はなるべくダークな色がいい。・・・ということで外観的にも合格かな。

見学を終えて、さっくりランチ。「あっさりとうどんでも食べようか」と相方が提案するので、ホテルの下の和食のお店へ。
c0069036_23191285.jpg
ザルそばとサーモン丼のセット。なかなかいけました。
c0069036_23192896.jpg
きつねそば。これもまずまず。ランチタイムの店内は満員。

ご飯の後は、前のマンションを買ってくれた人に会うという相方と別れ、ひとり義妹のところへ。午後は義妹の通うエステのお店でフルコースを受けるのです。彼女は普段は馴染みのエステティシャンを家に呼んでしてもらっているらしいです。今日はタクシーで店舗へ。

ボディとフェイシャルエステを受けました。ついでに人生初カッピングも体験。
c0069036_23195178.jpg
施術され中の義妹。なかなかきれいなお店でした。

「おねえちゃん、週1回ペースで受けるともっと若く、きれいに居られるのに。」とのこと。たしかに・・・。ちなみにお値段は義妹がおごってくれたので不明ですが、ローカル店なのでそれほど高くないと思います。

エステの後はシャンプーもしてもらいました。
c0069036_23201391.jpg
c0069036_23202850.jpg
↑椅子がダミエ柄で、思わず注目。

結局4時間くらいエステのお店にいたかしら。晩ごはんは義妹家と一緒に広東料理のお店へ。相方は元上司と飲みとかで、ひとり参加です。きついなあ、と思ったけれど、義妹が日本語がしゃべれるのでなんとか乗り切れました。
c0069036_2113481.jpg
相変わらずの豪快な頼みっぷり。
c0069036_21141088.jpg
c0069036_2114274.jpg
チャーシュー饅頭だけ打包に。義妹が「おにいちゃんに持って帰って」というので、「2個だけでいいよ。」と言ったら、みんなが「■は6個は食べるよ」と全部持たされました。たしかに食べそうだけれど、ダメダメ、この滞在で確実に彼は太ったと思います。

義妹ダンナにホテルまで送ってもらい、「再見!」とお別れ。実はお手伝いのシャオメイが年内で故郷に帰ってしまうらしく、もしかしたら彼女に会えるのは今回が最後かもしれません。ふたりしてビールを飲みあったのに・・・(そこ?)、寂しい~っ。旦旦も彼女にすごくなついているから居なくなったら激しく寂しがるだろうなあ。
c0069036_2119592.jpg
なんて感慨にふけりながら、上海最後の夜、ホテルの部屋でひとり酒!!!(饅頭は食べていません。)

そうこうしていたらわりと早めに相方が帰ってきて、ふたりでいろいろ将来の話をしながら眠りにつきました。将来・・・、ますますみえない・・・。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-08-14 23:03 | 2009暑假上海 | Comments(0)