上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

モーレツ叔母業務中

昨夜は姪っ子が彼氏Kくんと一緒に泊まりに来たので、シルバーウィーク1日目はその準備(もっぱら掃除)とおもてなしで終わりました。

当初「晩ごはんはふたりで外食する」と言っていたのだけれど、彼は早朝宮崎からバスで博多へ出て、そこから新幹線でこっちへやって来て疲れているだろうからさらに外出もきついだろうと思って、「うちで食べれば」と温情をみせちゃいました。そして急遽回転寿司で持ち帰りに~。
c0069036_16133883.jpg
海老、サーモン、卵、納豆、といったお子ちゃまラインナップ!思ったより安上がりでした。「かにみそ」を「初めて食べる~」と言うようなかわいこちゃんたちなんですよ!
c0069036_16144194.jpg
「ふたりで撮ってあげるよ」と言ったら、揃って海老のしっぽをつまむポーズ。きみたち、どんだけ仲良しなの!!

これ以外にサラダ、チキンのピリ辛揚げなどを準備しましたが、さすが20代男子はよく食べてくれます。「うちの30代もよく食べるけどね。」と言ったら、姪っ子が「うちの50代(義兄)もよく食べるよ。」と言ってました。やっぱり「よく食べる男」じゃないと、ね。義兄、うちの相方、姪っ子のBF、(ついでにうちの父)にも言えることだけれど、みんな無人島でもしっかり生きていけるタイプです!

Kくんはお酒は弱いようで、ビール1杯で赤くなっていました。わたしと姪っ子はビール→チュウハイへ。

食後も日本茶いれたり、梨をむいたり、かいがいしく働く叔母でした。
c0069036_16205660.jpg
Kくんの博多みやげ。お菓子の詰め合わせ。
c0069036_16211741.jpg
さっそく食後にいただきました。

彼がうちに泊まるのは実は2回目。彼女の叔母の家でちょっとは緊張しているんだろうけれど、かなり馴染んじゃってます。
c0069036_1622127.jpg
リビングのソファのうえにケータイ、お財布、DSを無防備に放置してお風呂に入ってましたから。

そして本日はふたりで姪のおうちにあいさつに行く日。そんな大事な日なのに若いふたりはちっとも起きてきやしません。9時過ぎにやっとのそのそと起き上がってきたので、カフェオレ、トーストの朝ごはんを与え(朝からKくん、食欲旺盛、よいことです♪)、姉の家まで送り届けました。

今日はスーツ、ネクタイで決めているKくん、姉の家に着いて、正座して姉と義兄にあいさつをしていました。わたしも同席したのだけれど、ドラマ以外じゃはじめてそんな場に遭遇してしまいました。「おとうさま、おかあさま」とふたりを呼ぶので笑えましたが、実はウルウル・・・。やっぱりこういうけじめみたいなのはいいなあ、としみじみ。(うちらはなしくずし、だったからな)

あんなに文句を言っていた義兄も「反対する理由はない。ふたりでしっかりやってくれ」とあっさり認めちゃってるし。「当面は籍を入れずに、ダメだったら帰ってきたらいい」なんて言っていたのに、「返品お断り」なんて常套句を得意げに言っちゃってるし・・・。きっと義兄もウルウルだったんだと思うけど。

Kくんが義兄に焼酎を2本渡しているのを見届けてから、「●ちゃんが居てくれた方がいいんだけど」とすがる姪っ子の手をふりほどき、わたしはおいとま。実家でぐだーっとしてました。かわいい孫が南九州に行ってしまうのですっかり気落ちしている父のことが気がかり・・・。

そうこうしていたら姉から電話がはいり、姉の姑(姪っ子にとっては父方の祖母)が亡くなったと知らされました。もう長いこと入院中で、数週間前から「今日がヤマ」と何度も言われていたのです。きっとKくんのあいさつを聞いてほっとして逝くことができたのでしょう。

そして、実は2W後に姉と姪っ子とソウル旅行を計画していて、姑の病状によってはその実現が危ぶまれていたのですが、「嫁よ、ソウルに行って来い」と送り出してくれたんだろうね~。

というわけで、連休2日目、今夜は相方が帰ってきま~す。
[PR]
by yu_ppie66 | 2009-09-20 16:52 | まったり休日 | Comments(0)