上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

信じるものは救われるのだ

会議、懇親会(という名の飲み会)、会議・・・と長い4日間でした。

c0069036_23273510.jpgやっと来た週末。定時早々に会社を出てデパートに直行、所要時間5分でアンサンブルニットを買い上げる。今春はブルーが着たかったの。

その後Tちゃん部長と焼き鳥屋に集結。来期の作戦を練った。最後まで仕事絡みだ~。まあ、このふたりとなら気を遣わなくていいんだけど。いつもごちそうになっているので今日は部長を接待しておきました。

c0069036_23293726.jpgなんで男の人は高いお金を払ってまでおねーちゃんの居るお店に行くのか、という話題になったとき、「■ちゃん(うちの相方)も中国で行っているにちがいない!」とふたりに断言された。「若くてきれいな中国小姐と絶対浮気している!」とまで。まったく・・・。「ありえません、彼はわたしにぞっこんなんですから!」と大反論しておく。

夜、「たいへんだぁ」という相方の第一声。



何事かと思えば、「(今度は)炊飯器が壊れた!」そうだ。たしかにごはん大好きな彼にとってそれは致命的・・・。

でもそれよりわたしが気になっているのは、彼パパの胃の具合が悪いこと。足の不自由なママはパパに頼りきっているのでどんなに心細い思いをしているだろう、と遠く南昌に暮らす義父母のことを思う。

「●ちゃんのパパ、ママは元気?」と彼も毎晩のようにうちの両親を気遣ってくれるが、結婚ってこういうことなんだね。
[PR]
by yu_ppie66 | 2005-03-25 23:37 | 国際別居婚ライフ | Comments(0)