上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

当然、勝訴だ

業務処理のため休日出勤。わたしがリーダーをしているユニットメンバーのほとんどに出てきてもらいました。

食事時間も惜しんでサンマルクカフェの卵サンド(お気に入り)をつまみながらさっくり6時間働いて退社。以前だったら休日出勤した日は「手当てを使い切りま~す♪」なんて、そのままお買い物して帰っていたけれど、いまやそんな恐ろしいことできません。直帰ですわ。(ちなみに先月は残業時間ゼロで、給与明細みたときは心を冷たい風が吹きぬけました!)

社員定着率の高いわが社も最近はポロポロ退職者が出ていて、あと産休・育休を取る人も増えています。経営者としては「出産で休まれたり辞められたりしたらかなわない」という気持ちがあるのは当然だと思うけれど、今の時代それを口にしちゃあダメでしょう。しかしうちの社長は本当に無邪気くんでして、先日、取締役2人、部長3人が打ち合わせをしている部屋に業務の確認で呼ばれた際、「ところできみ子作りはするんか?」と直球をいただきました。「えっと子作りは・・・、って、ここで答えるんですかぁ?」と叫んだら、部長クラスは苦笑してました。訴えたら確実に勝てるね

休日出勤を終えて相方に電話。例によって「今日は早めに帰るね」とは言っていたけれど、16時時点で「今どこ?」と訊ねたら、ケラケラ笑いながら「これから出ます」って。彼が帰ってくるまでじゅうぶん時間があるので、京都土産の定番「およべ」冬季限定(栗きんとん&黒豆)を持って実家に父のお見舞いに行きました。まだ痛みが続いているらしく、2w振りに逢ったらずいぶん老け込んでいて娘はショックを受けたのでした。

父を母に委ねてマンションへ戻って、晩ご飯の準備。今日は白菜と豚のミルフィーユ鍋にします。
c0069036_2053353.jpg
ルクルーゼで煮込んでいたら、相方から「あと15分で着きます」連絡がはいったので、迎えに行ってきま~す。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-01-30 19:16 | 週末婚生活再び | Comments(0)