上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

大ちゃんとか、覚悟とか、夫婦愛とか

お昼休みが終わる頃、大ちゃんのSPの結果を知りました。会社でも大ちゃんラブを公言しているわたし宛に内線電話をくれた同僚の皆さま、ありがとうございます。実はSPについてはそんなに心配していなくて、勝負は明後日のFPです!

帰宅してもテレビからは大ちゃんの♪eyeの演技が流されまくり。オリンピックの舞台で「この表情!」のステップや、ガッツポーズが観られるとは感無量でございます。

そして本日は父の検査結果の発表の日で、Dr.の説明を聞いてもらうよう頼んでいた姉から連絡がはいり、「想像以上に悪い」結果を知らされて愕然。しかしながら意外と冷静に受け止められた自分が居ました。いつかこういう日が来ることの覚悟は徐々にできていたのかもしれません。直接説明を受けた姉はきつかっただろうなあ、と思います。

それでも夜相方の声を聞いたら泣いちゃうかしら、と思っていたのですが、彼が本気で心配してくれ、力になってくれようという気持ちが伝わって、元気づけられました。普段ちっちゃいことで落ち込んだり、後ろ向きになったりするわたしの姿をみているので(彼の前限定というのもあるけれど)、彼としてはわたしが今の状況に持ち堪えられない、と心配したようですが、「いや、ピンチのときほどわたしは力が出るんだよ。」と言ったら、「そこが●ちゃんの大好きなところ!」と愛ある返しをくれました。

「こんなときにソバに居てくれなくなるのね」と意地悪を言ったら、「・・・どうしよう」と本気で困っているし。ま、困っているフリかもしれませんが・・・。

そして、「●ちゃん、テレビ観た?大ちゃんよかったね~」ですって。いつもは「大ちゃん、大ちゃんっていい加減にしてーっ」というスタンスなのに。さらに「今日は若林くんの番組はないの?」なんて、本当にかわゆいヤツだなあ。
c0069036_0174459.jpg

明日はAMは父のお見舞い、PMは自身の術後検診と、病院三昧。楽しいことや心がほんわかすることや、元気が出ること(↑の画像みたいなの)を考えて免疫力をあげたいと思います。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-17 23:59 | 戦いの日々 | Comments(0)