上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

支えられている!

午後から病院。母をマンションに連れて帰って再び母娘で過ごそうと思っていたけれど、「おとうさん、帰っていい?」と訊いたら、「おかあさんだけ残っておいてくれ」と・・・。

気弱になっている父が最終的にソバに居てほしいのは、娘より妻なのであった。そりゃ、娘は普段自分の好き勝手やっているものね。結局は夫婦の絆は強し、ということか。

腰の悪い母の体力を心配しつつもわたしだけ帰宅。
c0069036_21114140.jpg
母に食べさせようと思っていたデパ地下のおしゃれサラダをひとりで食べる。

そんな気弱になった父の様子を報告するだけで姉は泣いたりするのだけれど、次女はふんばってます。さすがに今日はドクターからの説明をひとりで受けたり、弱った父の姿を目の当たりにしたりで堪えたけれど、父のことで泣くのは1日1分かな。

さすがに眠りは浅くて、毎日明け方には目が覚めている。アラームを止めて続けていた日々がすでになつかしい。

明朝も病院に寄ってから出勤します。【持参するもの(自分用メモ)】熱いほうじ茶、ジョアストロベリー味、コーヒーのセット(母用)、伊予柑をタッパーに入れたもの、父のアンダーシャツ、ひざ掛け。

おっと、明日は相方が上海へと発つのであった。わたしが地元の空港発のチケットを抑えるのが遅くて、結局関空発となり、顔を見ることなく行っちゃう。うぇ~ん、って、こっちの件でも泣かないんですけどね。

今のわたしを支えているのは、理解ある同僚、助け合える家族(母、姉、義兄)、いつでも味方になってくれる相方の存在、落ちない食欲、大ちゃんの演技の動画(Euro SportsやNBCの放映分をリピートしてます)、若林くんの出ている番組チェック。おお、支え、多いな。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-02-25 22:02 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)