上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

それでもブログは更新します

土日ったって、ほとんど病院に居るんだけれど、それでもブログはUPします。自分の記録のために。

今朝は目覚めたら9時過ぎ!大慌てで準備して病院に向かったら、せっかく淹れた熱いお茶や、紙カップなどを最後の最後に忘れて行った・・・。疲れてるな、わたし。

父は昨夜もひと仕事(荷物をまとめて家に帰ると騒ぎ、そうこうしているうちに痛みが出てきて「センセー!」と大声で叫ぶという一連の流れ)をしたらしく、薬でうとうとしていました。朝食も当然取っていないというので、和菓子屋で買って来た好物の桜餅を出したら1個ペロリ。
c0069036_2019565.jpg
桜餅と桜大福のセットを買っていきました。夕方には大福の方もひとつ食べてくれ、買って行った甲斐もあるってもんです。

午後から姉が来たのでタッチして帰ろうと思っていたら、新しく担当になってくれるという看護師Sさんが「話をしたい」と言われたので、結局夕方まで居ました。日中、母は実家に帰ってお風呂にはいったり、必要書類をそろえたりしてからまた義兄に送ってもらって病院に戻ってきました。

Sさんに「窓際の部屋が空いたら替えてほしい」という要望を出したら、明日には替えてもらえるようです。外の明るさを体感しながら人間らしく一日を過ごしてほしかったので、ひと安心。母が泊まるにしても、今より少しスペースが広くなるので簡易ベッドが置けるし。

ほんのちょっと前まで、日曜日のこの時間は実家から野菜やお米をもらって「親が元気でシアワセだなあ」なんて思いながらマンションに帰っていたのに・・・。

先ほど母から、父が晩ご飯を半分ほど食べた、という報告電話がありました。こんな報告で気持ちが少しあがる、という日々であります。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-07 20:41 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)