上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

なぜに東方神起

午前中は相方の「外国人登録原票記載事項証明書」なるものを取りに区役所へ。わたしの健康保険に入れるための必要書類です。午後からは実家のある市役所へ父の医療費の限度額適用認定証を受け取りに行き、さらに母の預金の解約のためJA(委任状をもらって出直し)を廻ったりしてから、シャワーを浴びに一瞬実家に帰っていた母を拾って、病院へ。

予想していたとおり、母の心身疲労がピークに達している様子。(担当のNドクターに「おかあさん、お疲れですねえ」と言われ、ついでに「次女さんも前見た時より疲れてるね」と言われた。わたし、老けた?)担当の看護師Sさんとも相談して、母を説得し、夜は病院に任せることで納得させ、今日は姉宅へ連れて帰りました。

で、わたしが夕食が終わるまで居残り。といっても父はずっと寝ていて、トイレに2度起き上がり、薬をのみ、夕食の空豆をひとつぶ食べたただけ。本当は点滴が終わるまで、と思ったんだけれど、看護師さんからも「帰っていいですよ」と言われたので、気になりつつも父を残して帰りました。また暴れていないといいんだけど。でも病院に任せるところは任せないと周りの人間の体がもたないです。看護師さんもそれを心配してくれてました。特に母の状態・・・。
c0069036_2239322.jpg
わたしはいたってマイペースです。簡易ベッドで中国茶を飲みながら雑誌を読むという図。ウトウトもしてたかな。

週刊新潮は、大輔くんがメダルを取ってすぐの発行の号で、彼の家庭環境の暴露はあったけれど、おおむね好意的な記事でした。精悍で甘いマスクとか・・・。東方神起なみとか・・・。って、なんで東方神起なんだろ?韓国にファンクラブがあるから?

父が食べない夕食はわたしが美味しくいただきました。ポータブルトイレの側でね。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-11 22:48 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)