上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

愛夫弁当持参

月曜日の朝、通勤途中に病院からの呼び出し電話が!心臓止まるかと思いました。

会社を中抜けしてバスで病院へ。今後の方針の話をドクターから受けたのだけれど、父の容体が変わったのでしばらくは今のまま体力回復を待つということ、昨夜も大暴れをしたので個室に移ってもらうということ、夜は看護体制も手薄なので家族の付き添いを希望するということ、以上でした。

というわけで、姉とわたしで夜の付き添い生活スタートです。相方が帰ってきていたのに放置という・・・。

昨夜はわたしが当番。相方が作ってくれた晩ご飯を持って出動。
c0069036_22154490.jpg
愛夫弁当ってやつですね。プロの焼くやきとりですよ~。これにバナナ2本ももたされて、「ピクニックに行くわけじゃあないんだよ」とつっこみましたが、美味しくいただきました。

昨夜担当の姉は相当タイヘンだったようですが、今夜から父は手と肩をベッドに縛られている(!)し、トイレもおしめになったので、付き添う側としては楽でした。日中や前夜の大暴れの様子が信じられないくらいメジャーリーグの試合中継を真剣に観ている(野球ラブ!)ので、その姿にちょっと泣けちゃいました。

でも、寝ない!!夜中なんども起きたがるのをいいきかせ、お水を飲ませを繰り返し、結局朝6時半くらいに薬をのんでやっと寝てくれました。
c0069036_233494.jpg
ひといき・・・。持参のインスタントキャラメルラテと、ホワイトデーの焼き菓子で朝食。持参した本はオードリー特集のお笑い本です(店頭では恥ずかしくて買えず、Amazonで)。

本日の担当看護師はオトコマエのTちゃんで、いろいろケアしてくれるんだけれど、採血に四苦八苦。先輩女子にあれこれ指示をあおぎながらなので、それをみているとこっちも不安。なかなか血が採れず父が痛がっていたので、思わずわたしも涙。そしたらTちゃん、その後いつも以上になにかとフォローしてくれました。涙を武器に使っちまったぜ。

父のことで相方以外の前で泣いたことはなかったんだけどなあ。

午後から母がやって来て、引継ぎを済ませて14:30頃マンションへ。夕方1時間だけ寝ました。そして、相方はなんと明日上海へ帰ってしまうのですよ。ちっともラブリーな時間は過ごせませんでした。悪いなと思いつつも、疲れているうえに、例によってパッキングにふたりがかりとなり、いっぱいいっぱいになって、彼作のキムチ鍋&豚アスパラ串焼きを食べながら号泣!ホントに相方の前だと弱すぎなんです、わたし。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-17 22:22 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)