上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

支え、なのか?

眠いです!

昨夜は夜勤当番。前夜担当の姉は一睡もできなかったようですが、なぜかわたし担当の日の父はわりと落ち着いていてくれてます。前日までの疲れが出ているのかもしれませんが、おそらくわたしの看護に臨むおおらかな姿勢が伝わっているのではないか、とひそかに思っております。

昨日持参した晩ご飯なんて、お花見弁当だもんね。
c0069036_23291686.jpg
「夜は死ぬからね~」という姉の脅しにも負けず、「なら、よけいしっかり食べとかなきゃ」と完食。

早い時間から父はうとうとし始め、途中目覚めてスイッチが入りそうになったら大急ぎで水を飲ませて納得させて寝かせてました。明け方おしめがずれてベッドの防水シーツまでとっかえ作業というのを看護師さんと一緒にしたりしましたが・・・(なんだか昨夜は看護師さんの見回りが少なかった気がする!)。なんとかトータルで5時間くらいは寝られたと思う。

泊まり看護の三種の神器
c0069036_23331315.jpg
義兄が提供してくれているLOGOSの寝袋(気持ちいい!このなかに入るとすぐ寝られる!)、黄色のはゆたんぽ(レンジでチンするタイプ。姉、母は使わないけれど冷え性のわたしには必需品)、保冷バッグ

朝食後母と交替して、マンションに戻り、お風呂にはいって午後から出勤しました。年度末~。

若林くんが活躍した大喜利番組を動画サイトでみたり(うちの地方では放映がなかった!)、大輔くんのワールドの演技を観直したりして、パワーをつける夜勤明け。早く寝ろって話ですが。

おっと、現実社会の心の支え、相方が明日帰ってきます。ソウル経由で。今回は6日間くらい滞在するので、一緒にお花見もできそうです。心の支えとなるか、疲労のもとになるか、はわからないんだけどね~。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-03-31 23:39 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(0)