上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

桜の花が散るように

2010年4月7日 13:23 桜の花が散るように父は息をひきとりました
c0069036_1794916.jpg
c0069036_17102691.jpg


「友引」を避けるためにその夜にお通夜、昨夜には葬儀、告別式を終え、今日お寺さんにお布施を納めに行きました。「桜をみることなく逝っちゃったね」「お正月には一緒に初詣したのに・・・」と姉と話しながらまた涙。

これからの長期戦も覚悟していたところだったのに、あまりにも急なことでした。

わたしが病院に駆けつけたときにはすでに呼吸停止から30分経っていて、なんとか心臓マッサージで心臓を動かしてもらっていたところでした。そこからさらに姉が到着するまで30分マッサージを続けてくれたドクターに、「これからはもっときつい闘病生活が待っていたから、奥さんや娘さんに囲まれて逝けるおとうさんはシアワセだと思うよ。呼吸がとまったときも側におかあさんがついていてくれたときだったから。ずっと付き添っていてもちょっとトイレに行ったときに呼吸がとまることは多いのに」と言われ、「ああ、もう父は痛みからも治療からも解放されて自由になったんだ」と、姉が到着したところで、「もうマッサージはけっこうです」と告げました。

参列してくれた同僚が「おとうさん、次女に大ちゃんのパレードを見せてから亡くなられたね」と言ってくれました。たしかにそうです。「もうこっちは大丈夫だから、おまえたちは自分の生活を楽しめばいいよ」と父はひとりで旅立っていった気がします。
c0069036_17352367.jpg
昨日遺骨の箱に納められた父がうちに帰ってきたときの実家からの風景です。
[PR]
Commented by xiaozhuzhu at 2010-04-09 23:28 x
急な事でびっくりしました。お父様のご冥福をお祈り申し上げます。青空に桜がキレイですね。雨男だった私の父が亡くなった時はひたすら雨が降り続いたのを思い出しました。
Commented by みうみ at 2010-04-10 18:10 x
yu_ppie66 様
お父様ご逝去の由 心からお悔やみ申し上げます。
数年前の3月 私の母が他界しました。 火葬場に向かう車中から眺めた早春の山々、優しく柔らかい色合いが忘れられません。 
お父様のご冥福をお祈り申し上げます。
Commented by yu_ppie66 at 2010-04-13 18:06
★xiaozhuzhu さん 
ありがとうございます。
日曜、月曜とこちらも雨が降り続きました。
きっとこれから毎年桜の季節になると父のことを思い出すんだろうなあ、と思います。
Commented by yu_ppie66 at 2010-04-13 18:07
★みうみさん
ありがとうございます。
火葬場へ向かい、そして帰ってくるときの車中からみた景色はわたしも忘れられないと思います。車のなかは、わたし、姉、姪っこだったのですが、泣いたり笑ったりたいへんでした。
父が大ちゃんパレードを観させてくれたの、すごくないですか?
by yu_ppie66 | 2010-04-09 17:37 | 2010戦いの日々(父闘病編) | Comments(4)