上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

水よりも濃い

昨夜が最後のお逮夜でした。なぜか雨の多かった毎月曜日の夜、せっせと通ってくれたおじ、おば、いとこたちに感謝です。(外面のよかった)父が、兄弟や姪甥との付き合いをたいせつにしていたおかげでしょうか。逢って話をするたびに新たな思い出話で盛り上がれて懐かしかったです。

父と一番仲良しだった伯母に、先週父の書棚から数冊の歴史小説をあげたら、「もう4冊読んだわ。読みながら思い出して泣いてるんよ」と教えてくれて、思わずうるうる。

実家の廊下の座板が抜けそうだったので、元大工の叔父に「おじちゃ~ん、助けてぇ」と甘えていたら、昨夜帰ったら廊下が修復されていました。体調もよくなくて力仕事はできないはずなのに、「●に頼まれたらやらないわけにはいかん。夢にまで出てくる」と言ってました。ありがとう。

父が亡くなって以降、それまで疎かにしていた親戚づきあいにどっぷりとつかっている今。「やっぱり血のつながりってすごいな」としみじみ感じています。

というわけで、今週末は四十九日法要です。早いっ。
c0069036_2291369.jpg
今入浴中に読んでいるのは久々の山本文緒。やっぱりこの人の小説、好きだなあ。

本の前は、相方から奪っているiphone。ネットでケースを買いました。なんちゃってダ○エ。送料込980円だったもので。値段なりのお品ですが、会社ではなかなか好評です。
[PR]
Commented by れんこん at 2010-05-18 22:59 x
yu_ppie66さん、こんばんは。
大ちゃんファンのれんこんです。
かなりお久しぶりですが、覚えておられるでしょうか?

実はバンクーバーオリンピックの頃から時々おじゃまさせて頂いていましたが、お父様が入院して闘病中ということでコメントできませんでした。
というのも、私も母を1月に亡くしまして・・・・。
心身ともに辛い日々を過ごしましたが、
大ちゃんの活躍でかなり、いえっ、すごく助けられました。

四十九日の法要が終わると一段落しますが、ふと寂しくなる時がありますよ。
母が亡くなって初めての母の日は、辛かったですね。
母の日のプレゼントのおすすめ広告の残酷なこと。
そういう立場になってみないとわからないことって沢山あると思いました。

yu_ppie66さんもまだまだ大変だとは思いますが、お体をお大事になさってお仕事も頑張ってくださいね。

Commented by yu_ppie66 at 2010-05-19 23:22
★れんこんさん こんばんは。
もちろん覚えていますよ~。
れんこんさんもお母様を亡くされたのですね。親を失うって、想像以上にツライですね。
大ちゃんの活躍で助けられた、とのこと。わたしもですよーっ。ちょうど父の闘病生活の真っ只中で、先が見えないなか、大ちゃんのガッツポーズがどんなに力になったことか!
大ちゃんの地元凱旋パレードの翌日に父は息をひきとりました。

れんこんさんもお体をたいせつに。また遊びに来てください!
by yu_ppie66 | 2010-05-18 22:12 | 戦いの日々 | Comments(2)