上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

サラダを食べながら

昨日は産業医の定期訪問日でして、今期からその対応もわたしの仕事となりました。スタッフさんの健康診断結果をみてもらっているところへ、総務部長が社員の結果も持ってきたので、そのなかからわたしのを抜いてみてもらいました。職権乱用?

改めて自分の昨秋の健診結果に驚き。いままでずっとA評価だったのに、いきなりの総合判定:H(要治療!)。重度貧血、と診断されていたので、血色素量をドクター(というより、町のおじいちゃん先生ってかんじ?)に伝えたら、「レバー食べなさいよ」のひとこと。要治療の方法がそれでいいのか?

でも、それをきいた総務部長が「じゃ、今度やきとりで肝をおごってあげる」と言ってくれました。わーい。

そんな会社での日々。新しい業務の担当になったのでとにかく手探り状態でワタワタ働いています。
c0069036_23304239.jpg
20時まで働いて、帰宅。晩ご飯をつくって食べました。サラダは母が先日JAの朝市で買っておいてくれたラディッシュとトマト、それにオリーブの実。イタリアンドレッシングをかけておいしくいただきました。

部屋数だけは多い田舎の家でひとり暮らす母はどうしているだろう、と気にかかり、毎晩電話しています。父がなくなってから、情緒不安定でひどくわがままなときがある母にキレたりもしていますが、いやいや50年以上一緒に暮らしてきた配偶者を失うことの悲しみはどれほど大きいか、と思って、広い心で接さなければ、と自分に言い聞かせてます。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-05-19 23:36 | 戦いの日々 | Comments(0)