上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

バイクタクシーで向かったのは・・・

「今回は新しいマンションに泊まったの?」と会社の人から訊かれたけれど、「内装がまだで、買ったときのスケルトン状態のままだから住めません~」と答えてました。

本当は早く内装したいんだけれど、なにせ予算がありませんの・・・。とはいえ、相方の住むところは必要ですので、ぼちぼち取り掛かる予定です。

実は前回訪問したときはハプニングもあって日もとっぷりくれた12月の夕方。周囲の風景をみることもできなかったので、今回は午後一に行って来ました。

最寄の地下鉄の駅に到着、マンションまでの距離が意外に遠いことが発覚してテンションが下がる妻。それをあげてくれたのが、コレ。
c0069036_21464244.jpg
駅に待機していたバイクタクシーに乗りました。ちょっとスリリングだけど、楽しい~。

c0069036_21473959.jpg
三人くらい乗れるのかな?マンションの前に到着~♪とりあえず5元(70円)払って、また迎えにきてもらう約束を相方がしてました。

c0069036_2157381.jpg
うちの部屋がある棟です。最上階!(しか取れなかったのだ・・・。)

この写真撮ろうとしたらちょうど噴水の水が止まって、それをみた管理人のおじちゃんたちが「また出してあげるよ」とサービスしてくれ、そのおかげでこの一枚が撮れました。親切だなあ。

リビングからの眺め。
c0069036_21595727.jpg
上海大学のキャンパスが見えます。

予備寝室からの眺め。
c0069036_2203364.jpg
緑たっぷり・・・。

とにかく風の通りがよいのと、眺めがよいのが自慢です。早く内装をなんとかせねば・・・。

この後、バイクタクシーを呼び戻して、内装の設備を売っているエリアをウロウロして、リビング&ダイニング」の床のタイル、シャワールームのタイル、キッチンのタイルを選びました。実は相方が仮押さえをしているものがあったのだけれど、「おしゃれでしょ?」と振られて、思わず沈黙のパターンを繰り返しました。ひゃあ、危ないところだったよ。しかしこのセンスの違い、どうにかならないでしょうか。こんなに一緒に居てわたしの好み、わからないのかなあ。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-06-01 22:04 | 2010初夏上海3泊4日 | Comments(0)