上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

遺されたものたち

朝から実家に帰って、お坊さんが拝みに来てくれるのを対応したり、家の塀を修理しに来た(先日通行車が実家の塀に接触したのだ!)業者対応をしたり、お供えの宅配を受け取り送り主にお礼の電話をしたり、買出しに母を連れて行ったり、夕方からはお墓そうじ&お参りしたり・・・とみっちり働きました。

母の茹でてくれたそうめんをいただき、立ち寄った姉とコーヒーを飲みながら喋り、田舎の風の気持ちよさについうたたねをし、という憩いの時間もありましたが。
c0069036_2230173.jpg
父の遺してくれたぶどうの蔓はしっかり生きていて、何もしていないのに実り、色づきはじめました!

母もだいぶんフツウに戻ってきて、いろいろ娘たちのために動いてくれるようになりました。朝晩仏壇に手を合わせて「おかげさまで××(姉)家族もみんな元気です。○○(姪っこ)家族もみんな元気です。●(わたし)も■さん(相方)も変わりありません。そして最後にワタクシも元気です、と報告している」らしい。

甥っ子が「今日は俺がおばあさんちに泊まる」と言ってくれたので、委ねて帰って来る。

おお、ひさびさの土曜日の夜@マンションだ~。
c0069036_22371946.jpg
昨日、今日で買った雑誌。年甲斐もなく『InRed』はロエベのトート狙いです。にしても宝島社好きだなあ、わたし。

c0069036_22491612.jpg宝島社の美顔器本。売れ切れ続出らしく、わたしが買った書店でも陳列用に置いてあったこれ1冊しか見当たらなかった。

1ヵ月後には久々に相方に逢うのでせっせと転がしますわ。

取説に「ゲルマニウムの玉が傷つかないようポーチ等に入れておいて」とあったので、去年の秋のソウル、THE FACE SHOPのおまけでもらったビニールポーチに入れてみました。ツボ押し用に直角に曲げることもできるので、その状態で保管です。

[PR]
by yu_ppie66 | 2010-08-07 22:44 | まったり休日 | Comments(0)