上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

セレブ生活への道はいまだ遠く

実家では、母と一緒に掛け軸を買いに行ったり、お墓掃除に行ったり、娘業務に精を出しました。

昨夜はKさん宅へお呼ばれ。焼肉、焼肉~♪

牛ロース、はらみ、豚トロ、鶏、ウィンナー、イカ、エリンギ茸を炭火で焼き、きんぴら、五穀米おにぎりなどをたらふくいただきました。一番絞りを飲み、デザートは梨、チーズケーキ(わたし持参)。
c0069036_12171276.jpg
写真は結局「宴の後」のこの1枚のみ。

同級生Aちゃんが仕事で来られなかったのが残念(私信)。Kさんと友だちMさんからはセレブ妻会話が繰り広げられてました。「ダンナとはお金だけで繋がってる!」と言い放っていたし(実はそれだけじゃないというのはわかってるんですが)!でも、お金をがっつり稼いでくるダンナと暮らすってどういうかんじなんでしょうかね~。ワタクシには想像もつきませんが、とにかく「お金があるにこしたことはない」というのが、いつもの感想です。

途中でKさんダンナ(ドクター)がゴルフ→食事から帰ってきて、今の医療業界や民主党代表選についてみんなで語り合うという社会派飲み。Mさんは頭の回転がよく、ボキャブラリーが豊富な女性で、「政治家を薬にたとえると、小沢さんや小泉さんは抗がん剤で、鳩山さんはビオフェルミン」なんてうまいことを言ってました。

18時過ぎにおじゃまして、気がつけば23時。タクシーを呼んでもらってびゅんと帰宅。わたくしが将来セレブ生活ができるかどうかの鍵を握っている男に電話。「今帰る途中でぇ、おなかがすいたから焼き物食べようと思って頼んでるところ。ホタテとかぁ、鶏肉とかぁ・・・。」相変わらずのほほんとしてるなあ。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-09-20 12:31 | まったり休日 | Comments(0)