上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

TULLY'S、ダブルインカム時代の想い出の場所

歯医者通いの日。おべんと部屋という名の会議室で、大急ぎでお弁当(手作りじゃないです、ローソンさん作です・・・)をかきこんでいたら、ソ・ジソプ好きの同僚が隣りに席に座ったので韓ドラ話などを。実はジソプくんがイベントで来日していたらしくその様子をCSで観ていたら、「お客さんは年配女性ばっかりだった!」とか。そりゃ、韓流スターを追っかけてソウルに遠征したり、高いイベントに参加したり、財力がある世代じゃないともたないでしょうよ。

「あ、でも大ちゃんに花束手渡している人たちもアダルティだったよ。」フィギュアスケートファンも、チケット、遠征代、プレゼント代、フィギュア本代とタイヘンです。今回のNHK杯、SPの後もFPの後も皆さん、おしゃれな花束を準備されていて、いつもすごいなあ、と思います。わたしはそういうところにお金が使えないもん。海外の試合を応援しに行かれる方もいますしね。

その同僚が『復活』というドラマを勧められて観たけれどはまらなかった、という話になり「結局わたしたち演技派なんて期待していないよね。贔屓のかわいい男子が演じていればそれだけでいいんだよね」という結論に至る。あれれ、うちらも十分おばさんじゃないか!

で、さっくりお弁当を食べ終えて歯磨きしてから歯医者さんへGO。今日はちゃんと次の治療に進めました。

タイムシフトで2時間お昼休憩を取ることにしていたので、余った時間でTULLY'Sコーヒーへ。
c0069036_23182240.jpg
カフェラテとパンプキン&メープルマフィン。マフィンはごくごくふつうの味で、感動なし。

大阪通いをしていた頃はしょっちゅうTULLY’Sで休憩していたんだけどなあ。懐かしきダブルインカム時代!!

まあ現在収入的にはアレですが、うちの相方のいいところはわたしの発言をよく覚えて気にかけてくれていることでしょうか。毎晩そんな長くしゃべれてはいないんだけれど、翌日の電話では必ず「●ちゃん、スピーチはうまくできたの?」とか「●ちゃん、健康診断はどうだった?」とか訊いてくれます。離れているとそんなささいなことがとってもたいせつなのです。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-10-26 23:29 | 戦いの日々 | Comments(0)