上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

夢であえたら

9年以上ガンと闘っていていたチーム女子の母親が、このたびガンが脳に転移したということで余命宣告を受ける。必ずよくなる、という希望を持って母親と二人三脚で闘ってきただけに、「落ち込んでしまって出勤しても仕事はできないと思うんです」と彼女から連絡を受けた。「同じような状況で、●さんとか他の人はちゃんと働いていたのに・・・」と言われたけれど、わたしの場合は父親の病状を最後まで受け止めきれてなかった気がする。逆に働いていないと気持ちが持たないという状況だったのかもしれない。

父が逝って半年が過ぎ、思いのほか夢に出てこないなあ、と思っていたら、今朝登場されました!「ちょっと体がよくなったからどこかへ旅行しよう」と言ってた・・・。「おとうさんが久々に出てきたわ」と母、姉に電話で報告していたら涙がとまらなくなる。風邪っぴきなので鼻声もごまかせたけど。

季節が変わるたびに、「ああ、父の居ない夏だ」「父の居ない秋なんだなあ」と思っている。そんなに父親っこでもなかったのにな、わたし。ドラゴンズファンなので生きていたら今頃は日本シリーズに夢中になっているにちがいない。

母親のことを「いつになったら前みたいに戻るのか」と姉と心配しているんだけれど、わたしだっていまだに遺影と手帳に入っているポラ以外の写真は観ることができない。パソコンに入っている父の動画も見返せないでいる。結局父が2月中旬に入院してから以降の現実を受け入れることを拒否したままなのかな。

姉と12月のソウル行きを計画中。実は「寒そうだなあ。海外行くなら上海行きたいんだけど」と内心気が進まないところもあるんだけれど、姉が「今回が最後かもしれない。わたしだっていつどうなるかわからない」などと脅すので、実現せねば、と思っています。父と姉って、顔立ちも痩せ体型もそっくり。姉孝行もできるうちにしておかなくっちゃ。

とはいえ、以前ほど韓国ドラマにもはまってないし、エステなら上海で行くし、で、キモチがなかなかもりあがりません。ここはひとつソウル本でも買ってその気にならなくっちゃ。
c0069036_22205770.jpg
ということで、ちがう角度からソウルを楽しめそうなCasa travel を買ってみました。
[PR]
Commented by モナカ at 2010-10-31 17:43 x
こんにちは。別居婚同盟(?)のモナカです。

この記事を読んで、胸が痛くなりました。
私はまだ父の死を受け入れられませんが、来週49日です。
時はどんどん過ぎていきます。でも心はあの日に置いてきたままです。
平日は実家から職場に通っています。母の心の状況もあまりよくないので、私も毎日グッタリしています。私だって泣きたいのに!

49日明けの飛び石連休は、年休をとって
夫の新しい赴任先(お江戸)に行ってきます。が、あまり心は
弾みません。

ソウルいいですね!yu_ppie66 さんのソウル記事楽しみです♪
Commented by yu_ppie66 at 2010-10-31 22:29
★モナカさん こんばんは
本当に時間だけは今までと変わらなく過ぎていくんだけれど、そこに居るはずの人が居ないという喪失感にふいにおそわれて呆然としてしまいます。
うちの母もいく分かは元気になってきたけれど、それでも父が居た頃の母ではないので、一緒に居るのがしんどくなっています。でも近所に嫁いでいる姉が相当頑張ってくれているので助かってます。
そんな姉へのお礼をこめたソウル旅行です。
モナカさんもお江戸で自分にご褒美をあげてきてください!
by yu_ppie66 | 2010-10-27 22:27 | 戦いの日々 | Comments(2)