上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

師走がやってくる

以前に比べて運転中も景色に心を動かされることが増えた気がする。雲の動きとか木々や山々の色の移り変わりとか。少しは情緒的な人間になってきているのかな。
c0069036_16174448.jpg
晩秋気分でいたら、もうすぐ師走、完全に冬でした。

この週末はけっこう忙しく、昨日午前中で喪中ハガキの残りを完成させて投函。携帯番号・アドレスが変わったお知らせを兼ねた第一弾が届いた頃で、同級生からのメールが続々返ってきた。「わたしたちも親を看取る年齢になったんだねえ」みたいな内容です。

そのなかのひとり、関西在住のT子は高校時代の友人で、卒業後彼女が大阪の看護学校へ進んでからもしょっちゅう行き来して、恋愛、仕事、人生、いろんな悩みを共有しあいました。そんな彼女からわたしが出すのより先に喪中ハガキが届き、今年、祖母・母親と続けて見送ったことを知りました。実家にも遊びに行っていたので、彼女のおばあちゃん、おかあさんには何度か会っていたからなんともいえない気持ちでその葉書を読み、そこから急いで自分の喪中ハガキを作成したのでした。

相方からは急に新メニューのメニュー表原稿を作るように頼まれ、「ちょっと、あたしもうすぐ実家に帰るんだけど。あと3時間でできると思う?」「できる、できる。カンタンに作っちゃって~」なんてやりとりの後、中国語原稿に日本語と英語の訳をつけ、レイアウトを考えて1時間で完成させました。特技:やっつけ仕事。

相方に「ざっくり第一弾を完成させたよ。」と連絡を入れたら、「サンキュー、ざっくりでいいよ。どうせ広告会社のプロに作り直してもらうから」ですって。だったら自分で作りなさいよ!!!

実家に帰って、姉とボジョレーヌーボーを開けながらナイナイ岡村くんの復帰を祝ったり、「あたしたち無事行って帰って来られるのかなあ」と言いながらソウル旅行の計画を立てたりしてました。

本日はマンションに戻ってから、ひさびさに模様替えをしてみた。模様替えといっても、オットマンの位置を替えただけなんですけれども。
c0069036_16364023.jpg
今までは手前に置いていて読みかけの雑誌やらの物置と化していたので、窓際に移動させてソファに座って足を伸ばすときに足を置くという本来の役目を果たせるようにしてみました。

しかしこれだけ動かすだけなのに、ソファの下の掃除をしていたらホコリにやられてダウン。ほこりアレルギー発症・・・。郵便物の仕分け&処分をしかけたけれど、力尽きて途中から投げやりに。

そんな霜月最後の週末でした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2010-11-28 16:46 | まったり休日 | Comments(0)