上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

義姉業務

昨夜相方に連絡したとき彼はお店のメンバーと「忘年会中」でした。ん?新年会じゃなくて?と思ったけれど、そういや旧暦では今が年末でしたね。日中国際結婚なのにうっかりその意識が飛んでました。

木曜日に来日した義妹は留学生時代お世話になったおうちに泊めてもらっていて、予定では本日の午前中に彼女を迎えに行って今夜はわが家泊、明日わたしが空港へ送って行く段取りにしていました。昨夜義妹からこっそり連絡がはいり「おねえちゃん、明日は××さんが温泉を予約してくれてるみたい。空港にも送ってくれるつもりだから、おねえちゃんとこに行くというのが悪くて言えない~」とのこと。わたしとしては「義理の姉が市内に居るのにほったらかしでご迷惑かけて申し訳ない」気持ちだったんだけれど、その方も義妹と久々に会えたのが心から嬉しくてあれこれしてやりたいのでしょうか。

とりあえず今日の午前中に「本当に面倒かけてすみませ~ん」(今までに2度ほど面識ありです)と菓子箱持ってお邪魔したら、まったく「義姉のところに移れや」という雰囲気はなく、コーヒーをいただきながら30分ちょっと義妹との会話を楽しんだ後ふつうに見送られました。あれれ。

小さい子どもが3人も居るその家庭に居るのよりうちのマンションで静かにゆっくりしてもらおう、と思ったし、友人宅に一緒にご飯を食べに行く計画もしてたんだけど。

まあいいや、友人宅にはひとりで行こう。
c0069036_14115950.jpg
c0069036_14121139.jpg
義妹からもらったお土産のお茶。人民は豪華なパッケージが好きですな。荷物が多くなるのがなにより嫌いなわたしなら、中身だけ持って来るんだけど。

義妹とは短い時間がながらいろいろ話(ビジネスとか一緒にソウル行こうとか)ができました。前向きな子なのでいつも元気をもらえます。そして普段は義姉にとても甘いんだけど、今日は「おねえちゃん、中国語なんとかした方がいいよ」とマジなダメ出しをされました。うん、今の会社を辞めるまでにはなんとか中国語をものにしたいと思ってマス。
[PR]
by yu_ppie66 | 2011-01-22 14:17 | 国際別居婚ライフ | Comments(0)