上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

1年前の今日

ちょうど1年前の2010年4月6日、会社の20代女子たちと一緒に大輔くんの凱旋パレードを観ていた

今日は朝礼のスピーチ当番だったのでその話題にしてみる。

高橋選手の凱旋はご存知の通り、バンクーバーオリンピックの銅メダル、その後のイタリア、トリノで行われた世界選手権で優勝を受けてのものでしたが、実は今年のフィギュアスケート世界選手権はこの3月下旬に東京で開催されるはずでした。会場の代々木体育館はほとんどの準備が整いいよいよ氷を張ろう、としていた前日にあの東日本大震災が起こり、その3日後には開催中止が決定しました。

中止までのいきさつについては先日日経新聞に掲載されていましたが、フィギュアの大会は、男女とも日本選手が強いこともあって中継するテレビ局にとってはなんとサッカーワールドカップ以上のドル箱コンテンツだそうです。スポンサー14枠は早々に埋まり、チケットも発売と同時に完売でした。日本スケート連盟としてもなんとか日本で開催したく、さまざまな代替案を検討したけれど、原発に対する世界の不安が非常に強く、開催を断念せざるをえませんでした。

結局代替開催地のロシアで1ヶ月遅れの今月24日から大会は行われることになりました。日本のゴールデンタイム放映に合わせて試合時間を組むなどの配慮がなされるということで、その分日本選手にとっては今まで以上に注目と期待がかかるわけで、プレッシャーも大きいとは思います。なんとかそれに押しつぶされることなく、のびのびと演技して欲しいものです。
・・・みたいな話。

あの日からもう1年か、というより、ずいぶん昔のことのように感じます。その夜父のお見舞いに病院に行き、それが生きている父に会った最後の日となりました。そしてその翌日から周りの風景の色が変わった気がしています。

1回忌も終わりやっと父を亡くしたという事実をきちんと受け止められるようになったけれど、今夜はちょっと泣いてもいいでしょうか。
[PR]
by yu_ppie66 | 2011-04-06 22:25 | 戦いの日々 | Comments(0)