上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

◆Day4:5月1日(日) 

お昼前にマンションに義父とともに液晶テレビがやってきた!リビングに設置、パパありがとう。昨日の長旅の疲れもみせず、パパは元気です。

義妹家族も一緒にみんなでランチ。
c0069036_2122996.jpg
この青菜とナッツとハムの炒め物が超好み。もりもり食べる。
c0069036_21224364.jpg
c0069036_2123381.jpg
このたびの相方のセレクトはわたし好みで◎。野菜とナッツの組み合わせがとにかく好きです。
c0069036_21232214.jpg
アサリの茶碗蒸し。やさしいお味です。
そこそこ満腹していたら(みんなご飯を頼んでいたけれどわたしは「不要」とお断り)、タライのような大きさの容器にはいった鳥料理がドンと!
c0069036_21233784.jpg
「きゃあ、もうムリでしょ」と長男嫁はひくが、みんな好物らしくお箸が伸びてました。さすがに食べきれず打包。

相方が財布を忘れてきていたため(確信犯か?いや彼の場合いつものうっかりなんだろうなあ)、長男嫁がしぶしぶ支払う、といっても200元(2,600円)也。おとな5人+三歳児でこの値段。インフレが叫ばれる中国だけどローカルなお店はまだまだ安いです。

その後わたしは義妹と一緒にいつものエステへ。

昨夏ぶりに会ったエステティシャンに「以前より顔がふっくらしてよい」とほめられる。やっぱり着実に太っているのか、わたし。あの頃は父を失くしたばかりでやつれていたのかもしれないけど。
c0069036_2133686.jpg

c0069036_21332560.jpg
c0069036_2134027.jpg
この木桶のお風呂にはいりました。ミルクの入浴剤とばらの花びらがはいってます。でもこういうのに長く漬かっていられないんですよね、わたし。

体調不良の義妹が刮痧(グワシャー)とか治療的な施術を受けているので手持ち無沙汰になり、まつげパーマをかけた!施術中はずっと目を閉じていないといけないんだけど、「食べて」ときゅうりを握らされる。半裸状態でベッドに寝て、目をつぶってきゅうりを右手に持っている図に自分で笑えてしかたありませんでした。

けっこう時間がかかっているので相方に「まだエステ中だよ」と連絡をいれると、「いいよいいよ、ゆっくりしてて」とおおらかな対応。自分もこれから泳ぐらしい。

実際義妹マンションに帰っても相方はまだプールに居た!水餃子と西瓜をいただいていたら、相方も戻ってきたのでおいとましました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2011-05-01 23:59 | 2011黄金周上海 | Comments(0)