上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

◆Day9:5月6日(金)

相方は「午前中休みを取った」と言う。明日日本へ帰ってしまう妻のため、と思いきや、戸籍の住所変更手続きとかいろいろ用事があるとか。

そのうえ夜は飲み会だとか…。最後の晩御飯だけど仕事ならしかたない。

昨日スタバで買った玉子サンドイッチをお昼ごはんに食べてから再び長寿路へ。
c0069036_17192058.jpg
もちろん地下鉄7号線を利用します。長寿路のホームの看板はこんなにかわゆし。
c0069036_17202071.jpg
この日の格好。初日にH&Mでかったピンクのストールが大活躍でした。

そのH&Mの店舗に再び入って、仕事用キャミとスカート、髪留めを買い、Bershkaで赤いバッグを買って、BreadTalkのヨーグルトドリンクでひとやすみ。
c0069036_17225231.jpg
最初店内で休憩していたんだけど、テラス席へ移動。
c0069036_17503375.jpg
となりのテーブルの犬がじっとこっちを見ている。Softbank犬みたいでしょ?

お気に入りの店舗がぎゅっと入っているこのショッピングモールChannel 1ですべて事足りるのがよいです。でもそれだけじゃ寂しいので地下鉄の駅までの道のりも楽しむ。
c0069036_17274946.jpg
おしゃれビルのすぐ裏の通りはこんなかんじ
c0069036_1728931.jpg
青空床屋さんもあります。
c0069036_17283366.jpg
OLが並んでいたのでふらーと吸い寄せられ、平べったいパンを1枚買いました。

晩御飯はひとりでマンションの近所のご飯屋さんに行きました。滞在時にはけっこうお世話になっているところです。
c0069036_17325769.jpg
赤い看板の「東北之家」が一昨日行った東北料理のお店で、その向かって左のお店です。

食べたい料理を指さしたら小皿に盛って渡してくれます。
c0069036_1736275.jpg
これで21元。レシート確認したらご飯1元がプラスされていたので、「ちょいちょい、ご飯は要らないんだけど」とレジのおねえさんに訴えて1元バックしてもらいました。ご飯はデフォルトなんだろうけど、わたくし昨夜の黒豆ごはんを温めてちゃっかり持ち込んでますの。ついでに青島ビールの小瓶も!冷えたビールを頼んだら平気で「没有」と返って来るので近所のお店に行くときは持ち込みます(一昨日の東北料理のお店も冷えたビールがないといわれ、相方がマンションに戻って冷えた一番絞りを持ってきました。没問題!)。頼むのが面倒くさいから栓抜きも持参。

ひとりで食べるには1品多かったかな。茄子と揚げ物は打包しました。

その後腹ごなしがてらふらふらお散歩。
c0069036_1741161.jpg
中国の金持ちの別荘が並んでいます。「こんなちょっとだけ郊外に別荘を持つ意味あるの?」と後で相方に訊いたら、このあたりに有名な大きな公園があるそうです。お花見の時期は大渋滞だったとか。

上海ラストナイトだから「髪洗ってもらおーっ」と先日相方と一緒に行った美容院へ。担当のキュートガールが頭皮もしっかりマッサージしてくれました。10元也。130円でこんなかわいい女子に頭洗ってもらって耳掃除までしてもらえるなんて、しぶきが少々飛ぶくらい没問題です。「また来てね」と笑顔で送り出してくれたけれど、果たして次回来た時にこの娘はまだここで働いているんだろうか。

歓迎会でたらふく食べて帰って来た相方とみたび足ツボマッサージへ。119番さんを指名しました。極楽です。おいしいもの食べて、よく歩いて、体のメンテナンスをして、こんな生活していたら心身ともに健康で居られるに決まってます。と、思っていたら・・・《→いよいよ上海ラストデイへ続く》
[PR]
by yu_ppie66 | 2011-05-06 23:59 | 2011黄金周上海 | Comments(0)