上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

友あり、(ちょい)遠方より来たる。

昨夜は高校時代の友人と晩ごはん。高1のとき同じクラスでまあまあ仲良しくらいだったんだけれど、うちの派遣スタッフにたまたま登録に来てくれてから一緒に遊ぶようになって、しょっちゅう飲みに行ったり、イベントに行ったりしてました。

その後ふたりとも同じくらいに結婚してから音信不通となり、最近ふと「どうしてるかなあ、会いたいなあ」と思っていたら彼女から「会いませんか?」メールが来てびっくり。

仕事終わりにわざわざ街まで出てきてくれて、7-8年ぶりくらいの再会でしたが、そんな空白の時間なんてすぐ吹っ飛んでいきました。なんだかいつの時代も同じようなことで悩んでいるわたしたちなんです。わたしの今の一番の悩みごとは実は相方くらいにしかぶつけていないことなんだけれど、それがまさに彼女と同じ悩みだったのでちょっとした衝撃でもありました。彼女の方が断然ナイーブでがっつり考え込んじゃうから悩み度は異なるんだけど。

久しぶりに父の話をして泣いちゃったり・・・。彼女も結婚前に父親を亡くしているのでなにかと共感しあえる関係なんですよね。

相変わらず咳は止まらないのに、ついつい生ビール、にごり梅酒ロックといっちゃいました。(咳止めシロップと一緒にアルコール飲むかね?)。
c0069036_20255067.jpg
c0069036_2026450.jpg
c0069036_20261440.jpg
c0069036_20262934.jpg


生きている以上悩みはあるけれど、それでもわたしたちはやさしい夫に恵まれてシアワセだなあ、という結論に。「本当に結婚してくれたダンナに感謝だよ。」「うん、そうだよね。あ、でもそう思えるわたしたちってできた女だよね」と言い合って解散。

夜相方に「やさしい夫と結婚できてよかった、という話をしたよ」と伝えたら、「そうでしょ?」と得意げでした。ん?謙遜の心はー?
[PR]
by yu_ppie66 | 2011-06-18 20:33 | 戦いの日々 | Comments(0)