上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

舞台『芸人交換日記』で考える

舞台を観て来た。

フジファブリックを聴きながら新幹線でびゅんと行って、早めのランチを取ってOBP円形ホールへ。パンフとポストカード買って、舞台に泣いて笑ってスタオベして、551蓬莱で豚まんと肉だんごを買ってまたフジファブリックを聴きながらびゅんと帰ってきた。
c0069036_18554392.jpg
京阪モール内のFLAGS CAFEにて。カフェめしは苦手なんだけどゆっくりしたかったので。隣りのカップルの女子が神戸ちゃんみたいな甘い喋り方でそれが気になってしかたなかった。彼(しゅっとした男子)はこういうのがかわいいのだろうか。

c0069036_1859495.jpg
c0069036_190646.jpg
田中圭くんはさすが!のひとことでした。彼の独白部分の叫びで場内いっせいにすすり泣き。

若林くんはやっぱりおさむさんに甘やかされていたけれど、セリフも泣きの演技も完璧でした。噛みもいっさいなしだった。素晴らしい。

実際みると意外にでかい、といわれているけれど、華奢だなあ、と思いました。けっこう前列で若林くんというかイエハーの田中くんの部屋側だったからしっかり観えました。右頬が涙で光っているのも、鼻水が光っているのも確認できたくらい。

漫才に向かう前にネクタイを締めて、上着をはおるところ、痺れた~。大好きな男性のそういう姿なんて結婚でもしない限り間近でみることなんてない、と思っていたのに。

最後の公演だったこともあってアドリブがちりばめられていて楽しかった。天国漫才では本当にドカンドカンという笑いが起きてました。漫才にアドリブを入れてくる圭ちゃんもすごいけれど、さすがに漫才中の若林くんは輝きを放ってました。パンフのなかの写真の1枚が2008年M1のときの顔つきと同じだったので、ほーっと思った。

ということで2011夏のイベント第2弾(第1弾は姪っこの結婚式)は終了。

実は終わって劇場から駅まで歩いている間、わたしにはあきらめる夢さえもない、と唖然としました。プラス喪失感もあり、先週末「月曜日浮かれてたらごめんね~」なんてチームメイトに言っていたのに、むしろ週明け落ち込んでいるんじゃないだろうか、と。しかし、「夢を追いかけている人の影では支えている人がいて」という伊勢佳世さんのことばをパンフで読んで、そうか、わたしには支えるべき人、いまだ夢を追いかけている愛する人、が現実世界に居るじゃないか!と気づく。

「明日若林くん観に行くから報告するね」と言っていたのでこれから相方に連絡します。

とにかく芸人交換日記に関しては、観劇直後より今は感じるところが変わって来ているのでまた改めて触れるかもしれません。
[PR]
by yu_ppie66 | 2011-08-21 19:57 | 戦いの日々 | Comments(0)