上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

ROCKの心はあるのか

あれから何度か便座のねじ(パッキン?)を回そうとあがくが、やっぱりムリで、届いた温水便座をいったん段ボールに戻しました。

相方が「今度帰ったときにボクがしてあげるよー。」と言うが、いったいいつ帰って来るのでしょうか?

ということで9月三連休その2も終わりそうです。

朝晩はすっかり秋めいてまいりました。

《食欲の秋》
c0069036_14452267.jpg
昨夜のごはん。去年12月にソウルで買って帰ったレトルトのサムゲタンをやっと開ける。塩コショウを加えて葱をいれて煮込んだら、お店で食べるくらいにおいしかったです。東和免税店でもらった缶入りマッコリと一緒に。

このあとお供えに買って帰ったお団子や高級アイス(そう言ってしまうところが庶民ですね)も食べた。この調子だと8月後半でちょっと痩せた分は元に戻りそうです。

《読書の秋》
c0069036_14483739.jpg
韓国特集のananとフジファブリック特集のROCKIN'ON JAPAN(のバックナンバー)。

音楽雑誌なんて小学校時代に買っていた『明星』を除けば、人生初めてかもしれません。ましてやROCK雑誌ですから。

志村くんが亡くなって半年後くらいに発売された雑誌です。残されたメンバーが前を向いて歩き出したこととか、彼の生前の2万字インタビューとか、周りの人たちからの彼へのメッセージとか、やっぱり泣けました。

しかし音楽ライターってうまい表現を使うなあ、と感心しながら読みました。フジの曲を「ぞくぞくするほどのスリルち、涙がこぼれそうになるほどのセンチメンタルを、生き生きと放ち続けている」「綺麗なメロディをストレートに響かせたと思ったら、ねじれにねじれた屈折ポップを描いて」「独創的で変態的で、でも人懐っこいポップさのある楽曲」などと表現していて、ファン暦の浅いわたしも「まさにそんな感じ!」と共感させられました。

♪本日の1曲♪フジファブリック『Splash!!』(2011,Sony Music Associated Records Inc.)作詞・作曲:山内総一郎
フジのNewアルバム『STAR』からです。山内くんのボーカルもよいなあ。

《夫婦愛の秋》
c0069036_1521573.jpg
相方に「秋物あるの?」と訊いたら「大丈夫、服はあるから」と言っていたけれど、服なんて買う余裕ないだろうなあ(結婚してからほとんど妻が買ってますしね)と思い、ユニクロでネルシャツとTシャツとスリッパを買って持っていくことにしました。この愛、安上がりだなあ。あとは100均で水切りおけとか。やっぱり安い。
[PR]
by yu_ppie66 | 2011-09-25 15:06 | まったり休日 | Comments(0)