上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

◆杭州日記2日目

早起きの相方が「これから車にガソリン入れに行って来る。朝ごはんも調達してくるね」と出かけ、わたしはしばらくうとうと。
c0069036_1434583.jpg
買ってきてもらった朝ごはん。海老ワンタン、餡入りまんとう、豆乳。おいしかったです。全部で100円くらいだったとのこと。

「今日は蘇堤に行こう」と計画を立て、ホテル前からバスに乗って「蘇堤」で降りました。売店で大好きな糖葫芦(タンフール)を発見したのでいろいろな果物バージョンの方を買いました。おいしかったけれど1本10元って高くない?昔もそのくらいしたかなあ。観光地価格なのか、インフレの影響か。
c0069036_14353142.jpg


居合わせた数家族と船を借りて遊覧したり、またまた船で対岸に渡ったり、途中立ち寄った島であまりの観光客の多さに嫌気がさしていっさいの観光をせずに脱出したり、「もう湖に飽きた~」感満々でした。
c0069036_14355646.jpg


白堤を歩いて渡り、最後の「断橋」は恋人や夫婦と手を繋いで渡ったら別れるという言い伝えがあるらしく、それを相方がやたらと気にしているのが「そんなの気にする人だったっけ」とおかしかったです。もちろんその橋の上では手を繋ぎませんでしたよ。

お昼ごはんは河坊街近くの「老杭州」というレストランへ。
c0069036_14362998.jpg
c0069036_14364933.jpg
c0069036_1437514.jpg
ここもいまいちかなあ。揚州炒飯があったのはうれしかったけれど。全部で147元、そのうち45元は龍井茶代です。そんなにいい葉っぱでもなかったと思うんだけど。

食後は河坊街を散歩、デイリークィーンのチョコソフトアイスでお口直し。
c0069036_14373783.jpg


腹ごなしに丘に登って下っていたら、ちょうど呉山広場でイベントをやっていました。
c0069036_14375775.jpg
小姐たちが熱演中で相方のカメラ熱は上昇。撮りまくってました。

わたしは男子部のほうに興味あり。丘の上からは舞台裏が見えて、出番待ちの彼らが着替えたり一服したりゆるい空気が流れていました。
c0069036_14381560.jpg

そんな彼らも本番ではしっかり演技してました。
c0069036_1438369.jpg
c0069036_14385842.jpg
女子部の演技中は舞台袖でストレッチとか。いや丸見えですけど。

また雨が降ってきたので歩いてホテルに戻りました。
c0069036_14392081.jpg


部屋に戻ってから相方の体調がどんどん悪化。「熱出てるかもしれない」というので額を触るとあ、熱いっ。額やリンパ節を冷やし、体を温めてとにかく寝させました。

「何か欲しいものある?」と訊いたら、「み、水・・・」と息も絶え絶え。ホテル傍のスーパーで水とスポーツドリンクを買い、近くの小吃店で、ワンタンと北京炸醤麺を夕食用に買って帰りました。(注文は完全にメニューを指差し)
c0069036_14394112.jpg
相方は食べられない、というのでひとりで両方いただくことに。併せて38元(500円)、というのは安いのか高いのかよくわからない、いややっぱり高いか。でもとってもおいしかったです。一応病の夫の手前、アルコールは我慢してCokeZEROで。

しかし相方大丈夫なのか。フロントにSOSを出すべきか、と思いながらお風呂に入って出てきたら相方がベッドに斜めに寝ていたので足元に垂直に横たわっていたらそのまま寝てしまい、途中で病人に「●ちゃん、ちゃんと寝て」と縦に寝直しさせられました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2011-10-02 23:59 | 2011国慶節*上海・杭州 | Comments(0)