上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

父のことを思っている

春分の日。父の好きだった桜餅を買って実家へ帰りました。お供えしてから、母を連れて姉宅へ姪っ子のBabyに会いに。出産時より1kg体重も増え、人間らしくなってきました。
c0069036_162776.jpg
c0069036_16273247.jpg
姪っ子もママらしくなってきた・・・。出産でふっくらしたので、現在はももクロのリーダー、百田夏菜子ちゃんに似てきた、ともっぱらの噂です。

姉宅でみんなでお昼ごはんを食べた後実家に戻り、書道の宿題を済ませてからマンションに帰って来た。穏やかなお彼岸です。
c0069036_16301644.jpg
母が持たせてくれたおはぎを食べながら、GWの香港旅行の計画を立てる。・・・といっても、上海発着なので旅行の申し込みは相方に任せているんだけれど、大丈夫か?

いままであまり一緒に遠出をしていなかったのだけれど、秋の杭州が楽しかったので「これからはふたりであちこちに行こう」と話しています。「次は台湾かなあ」という話になって、「だったらパパ(義父)も誘うおうか」「うん、みんなで行こうよ」と盛り上がっていたら、ずっと「台湾に行きたい」と言っていたうちの父のことを思い出してしまいました。

沈黙のわたしに「●ちゃん、何しているの?」と問う相方。「・・・パパのことを思い出して泣いてる」と答えました。こんなこと言うと妻の精神状態に敏感な彼が非常に心配するのはわかっているんだけれど。「わー、●ちゃん、今は香港のこと考えよう!楽しいこと考えてー。」と懇願されて、「お彼岸だから、ちょっとだけパパのこと思い出して泣いても許して」と返したのでした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-03-20 16:38 | Comments(0)