上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

モヒートと、ドラ焼きと、最後の恋。

「連日のオリンピックの熱戦でみなさん寝不足でしょう」とさっきニュースキャスターが言っていた。まったくリアルタイムで観戦していないわたしはしっかり睡眠時間を確保してます。バテ気味なのか夜が眠くて耐えられない。しかしいよいよロンドン五輪も佳境。サッカー決勝とかになったら観ちゃうんだろうな。

昨夜『日曜×芸人』待ちの間、『行列・・・』の磯野貴理子の公開プロポーズをまんまと最後まで観てしまった。貴理子さんが「別れの宣告」と覚悟して涙を流すところでもれなくもらい泣き。(どっきりとわかっているのに泣きべそをかいていた徳島アナのことを俄然好きになる!)

「お金目当てにちがいない」「どうせすぐ別れるんだろ」などという批判コメントもネット上にはたくさんあがっているけれど、あの涙をみて今の時点でこういうコメントが書き込めるなんて、若さゆえの残酷さなのか、人を愛することを知らないのか。

このプロポーズを受けた彼女が「もう一人で生きていかなくていい」と言っていた気持ちはとてもわかる。もし相方と別れでもしたなら、きっともう新たな恋もできなくてひとりで残りの人生を生きるんだな、わあどうしよう、と暗澹たる気持ちになるもの。

そのときの夜食はモヒートとドラ焼き(ずんだあん)というミスマッチな組み合わせでした。これが意外と合うのだ。
c0069036_22591540.jpg
モヒートにはベランダで育てている(育っている)ミントを入れてみた。いいかんじに酔って、よけい感傷的になったのかも・・・。

で、その番組が終わって、相方に連絡を入れる。休日の午後の報告をしあっていたけれど、「■ちゃん、若林くんのテレビが始まるから切るね。」「うん。こっちもオリンピック観てるよ、あ、惜しいっ(もうテレビに夢中)」という調子であっさり会話を終える。そんなもんだね。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-08-06 23:14 | 戦いの日々 | Comments(0)