上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

怒涛週間をなんでもない風に

怒涛の1週間が終わった。「たいへんそうだけど楽しそうですね」と周囲から言われたが、「楽しそうにしてないと乗り越えられる気がしなかったからね」と答える。

一昨日受けた取材は昨日の朝刊各紙に掲載されていました。しかし何度も確認電話をしてきたY紙はうちの社名を抜いた記事にしていた。どういうことだ!?グループ本部の広報担当に愚痴っていたら、「お気持ちわかります。記者が書いていてもその上のデスクの判断でばっさりいかれることもありますので」と慰められた。
c0069036_21201032.jpg


でも他紙はしっかり報道してくれていて、そのおかげでプロジェクトは順調な滑り出しデス。

あ、WEBニュースの動画には撮影しながらあちこち動き回っているワタクシの姿が映りこんでました。そこはカットしてくださいよぉ。まあがんばって働いている証が残ったということかな。

c0069036_2133546.jpg
毎週金曜日はお昼をずらしてとるのでだいたいひとりでセルフうどん屋さんへ。かけうどん(小)210円と鶏唐揚げ100円。ずっとこの組合せが気に入って頼み続けてます。

15分で食べ終えて書店で立ち読み。『ダ・ヴィンチ』、今月号は縛られていなかったので、P.82だけを読みました。若林くんのコラムは構成がほんとうに秀逸。大好き。

そんなかんじでひといき入れたあとは午後も走り続け、エネルギーempty状態となって退社~。この歳、この社歴で、新しい種類の仕事ができることに感謝したいと思います。

一方、相方は、昨日某日系の派遣会社から呼ばれて登録をしてきたらしい。1社紹介を受けるが、今の仕事をやめてまで移る意味があるかどうか悩み中。ローカルの今の会社で働くメリットもけっこうあるので。デメリットは断トツ「給料が安い」ことだけど、今は何かと自由がきくのがいいみたい。「自由」って大事だと思う。仕事の上の「自由」というのは、自分の意見、やり方が通るってことだから。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-07 21:50 | 戦いの日々 | Comments(0)