上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

胃袋も老いた

官公庁勤めのIちゃんを待たせるわけにはいかない、とほぼ定時で退社して待ち合わせ場所へ急ぎました。

彼女のリクエストで「イタリアン」のお店をセレクトしてたら、お目当てのところがことごとく火曜日休みで結局カプリチョーザへ。二人用のパスタ&ピザセットにしました。
c0069036_21235882.jpg

c0069036_212150.jpg
シーザーサラダも渡り蟹のパスタもピザもふつうにおいしかったけれど、あっという間に満腹になってピザは半分残した・・・。

「老いたな・・・」とふたりしてたそがれました。別腹のはずのデザートも「もう無理」とオーダーできず。

なんだかんだいいつつも元気だったIちゃんが昨年末検査入院したとか、同級生と話すと年齢を重ねたことをいやというほど確認させられますね。

かつてふたりで旅した香港では、ホテルでアフタヌーンティーしたり、靴やバッグを買いまくったり、20代ピカピカOL旅を満喫していたんだけれど、今年のGWでは、ローカルお粥屋さんや、レトロ喫茶店で満足していた、という話をする。今の方が断然稼ぎはいいはずなのに・・・。価値観が変わってきたということなのかな。でも何も考えないでお金を使って自分にご褒美を与えていた時代があったことが今のわたしを創っているのかもしれない。

いろいろ現在の報告をしあっていて、やがて老後の話になり、自分の中でもぼんやりとしていたある計画を口にしたら、俄然現実味を帯びてきた。なんとか実現したい、と思う。ある意味「社会貢献」的なことなんだけれど、こんなに貯金なくて大丈夫かな、と不安にもなってきた。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-11 21:22 | 戦いの日々 | Comments(0)