上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

味覚は近づく

昨日の晩ごはんは「簡単にしようよ」ということで、スーパーで買って来たほっけを焼き、彼が大根サラダ、わたしが焼きソバを作りました。
c0069036_1724592.jpg
大根サラダの美しい切り方(かつら剥きにした後千切りにしてたからね~)に比べて、焼きソバの野菜の大胆な切り方!!「もうちょっと薄く切れないの?」と調理中に彼から指摘を受けたけれど、メインの包丁を彼が使っていたため、切れ味の非常にわるいサブ包丁を使っていたせいでもあるのよ。

でも美味しければ没問題でしょ!途中味見したときぼんやりした味付けだったので、オイスターソースと黒胡椒をがっつり振り入れました。パンチの効いた味になって、とてもおいしかったです。あとで喉が渇いてしかたなかったけれど。

洋ナシとアイスのデザートで大満腹。

本日のお昼は彼が滞在中は必ず行くおうどんやさんへ。頼むものも決まってます。
c0069036_1792092.jpg
わたしはハイカラ麺はお蕎麦で。彼はいつもの焼き豚野菜あんかけうどん。安定の美味しさです。
c0069036_1710135.jpg
茄子餃子も追加で。おなかがはちきれそうになりました。

付き合い始めの頃は彼と食の好みがあまりにも違っていて、「これ致命的じゃない?」と思ってました。大陸に行ったときもあっちの料理がほとんど食べられなくて、彼の家族から心配されたもの。しかし長年一緒に居ると味覚も似てくるのかなあ。

同じものを食べて美味しい、と思えること、これってかなり重要です。それは最初は違っていても、お互いを尊重しあっていると自然と味覚も近づいてくる、と思います。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-09-30 17:18 | 2012国慶節在日本 | Comments(0)