上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

もしもあの時

c0069036_20232719.jpg実家に泊まる。親子三人でまったりとテレビを観ていたら「地球ぽかぽか家族」の舞台がウィーンで、父が急に、「あのときウィーンに行っていたら●の人生変わっていたのにな」と言い出だすからびっくり。

c0069036_20241063.jpg実は、今の会社に入る前、地元企業がウィーンに日本料理店をOPENさせるにあたりそのスタッフとして2年間の契約で内定をもらっていたのだった。飲食サービスに当時は興味がもてなかったこと、事前に何度か打ち合わせをした上司とどうしても合わなかったこと、寒いところが苦手なことなどなどの理由で、結局は辞退してしまった。

もし、あのままウィーンに行っていたら、ドイツ語も喋れるようになって、違う出会いもあったかもしれない。当然今の会社に就職もしていないし、相方とも出逢っていなかった。

はたしてその決断は正しかったのかどうか。

c0069036_20242858.jpgでも今日父に言われるまですっかり忘れていたということは、今の人生に満足していることであり、その選択は間違いではなかった、ということかな。

なんてことをぐだぐだ母と語るお風呂上り。ビールとたこ焼きをいただきつつ・・・。

自分の辿ったかもしれない違う人生もちょっと覗いてみたい気はしますが。
[PR]
Commented by baby-you at 2005-05-23 12:54
そういうことってありますよね。
あのとき○○してたら....。って時々思います。

●さんの言う通り、違う人生も覗いてみたい気もするけれど
そうすると今まわりに居る人たちとは出会っていないわけで。
そうかんがえるとやっぱり、この選択でよかったなと思います。

違う人生、ちょっと覗ける道具、ドラえもんに貸してもらいたいですね。
Commented by yu_ppie66 at 2005-05-23 20:31
ちょっとだけ覗いてみたいんですよね。

でも今の夫以上にわたしのことを大切にしてくれる相手にはきっとめぐりあえていなかったはずだ、と信じています。信じたい(?)。

by yu_ppie66 | 2005-05-21 23:57 | まったり休日 | Comments(2)