上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

AOLの時代は何してた?

去年あたりから研修やセミナーを受けさせてもらえる機会が増えた。

先週はこれ。
c0069036_21505157.jpg
わたしの席の前に座っているお太目の男性、ずっと寝てた・・・。ちょっとぉ。

いくつかのテーマがあったけれどどの講師もお話が上手で聞きやすかった。当事者である総合失調症の男子が登場して、現在も体調をみながら2時間だけ就業しているという状況のなか、発症に至る経緯や発症後の闘いの様子についてゆっくり丁寧に語ってました。最後に「最近こんなボクに彼女ができました!」という報告も!あらま。

で、本日はこれ。
c0069036_21572018.jpg
いけてるWebクリエイター(おしゃれメガネにアゴヒゲ、ゆるい立ち姿、きっとおしゃれカフェでビールとか飲んでるんだろうなあ、というタイプ、決して嫌いではないです)が講師で、内容もITに精通している人向けで高度だったけれど4時間必死に聴きました。

まあいくらよいお話をきいても個人的にSNSに参加するつもりはないので、あくまで自社のfacebookページをどう活用するかのヒントをつかむために模索の日々。で、結局いくらITやWebが進化したとしても結局は人と人とのつながりが前提である、ということを再認識したのでした。

ところで今日のセミナー中、「2002年Webの世界であることが始まったんだけど何かわかりますか?」という問いかけがありました。答えは『ブログ』。ブログによってに誰でも簡単に情報発信できるようになり、世の中の情報量はいっきに増えたけれど、精度は落ちたんだって・・・。

しかしその問いに対して一緒に参加したKちゃんが「AOL・・・かな?」なんてあまりにも懐かしい単語を口走ったので、しばらくはまってしまいました。AOLはもっと前ですね。確かにあのネット黎明期にはインパクトあったなあ!Kちゃんはすでに今のダンナと知り合っていてAOL使ってチャットしていたらしい。わたしは相方とはまだ知り合っていなかったなあ。彼が上海に赴任して国際遠距離恋愛となった2002年12月からMSNメッセンジャー(Skypeはまだ)を利用し始めて、「IT革命なくしてわれらの恋愛は続かなかった」と当時ずっと思ってましたね。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-10-12 22:21 | 戦いの日々 | Comments(0)