上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

【しまむら】スリッパとか、【書】への思いとか

冷え性のくせに部屋では靴下を履かないわたくし、冬場でもそう。なのでフローリングをパタパタ歩くときにはユニクロのボア付きスリッパを愛用していたんだけれど、それも4年前に購入したものだからすっかりくたってしまい、買い換えたいけどもうユニクロはボア付きを作ってないみたいで・・・。

で、昨日母が「しまむらで冬用エプロンとつっかけを買いたい」というので同行したところ、これを衝動買い。
c0069036_14324179.jpg
手前が980円、奥のが780円でそれぞれ30%OFF !

昔はキャラクターなんて本当に興味なかったのに、この歳になってからミッフィーやキティちゃんのかわいらしさに気づく。

母も買いたいものが買えてすこぶるご機嫌。いくつになっても女性は買い物すると気分があがるのだ。

実家では書道の練習をしてました。
c0069036_14392591.jpg
毎月お手本や優秀作品が掲載されている会報誌を420円で購入させられていてしているのですが、ずっと「若林くんのコラムが載っている『ダ・ヴィンチ』でさえ立ち読みで済ませてるのに、これにお金を払う意味は?」なんて思っていました。しかし、今回ワタクシの作品が初掲載され、それを母に見せたらすごく喜んでいて(こういうの中学校以来だなあ)、親孝行っぽいことができて、意味はありました。

昨夜、「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」に書道家・柿沼康二さんが出ていて、食い入るように観てしまいました。書の世界に惹かれていきます。書道教室中はすごく集中して楽しいし、最近先生から褒め殺しにされてそれはやっぱり気分よい。

でもなあ・・・。わたしここから何を目指すべきなのか。毛筆の作品を「墨を摺ったりするのが面倒だから」と筆ペンで済ませているわたしには「書」を語る資格ないよなあ。
[PR]
by yu_ppie66 | 2012-12-02 14:58 | まったり休日 | Comments(0)