上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

無償でも、なめられても。

昨夜は23時半にベッドにはいり、いつものようにコテッと寝入って、悪夢にうなされ(!)つつも、すっきり5時に起床~。始発から2本目の路面電車に乗って会社へ向かいました。あたりはまだ真っ暗・・・。集合時間まで15分くらいあったので朝マックへ♪ 6時半前なのにけっこう人が居ました。夜を明かしたのかソファで寝ている人も居た・・・。
c0069036_2131240.jpg
カフェラテを半分くらい飲んで残りをテイクアウトして集合場所へ向かいました。

早起きしてコーヒー飲んでから出社、というのもなかなかいいもんだなあ、なんて優雅に思っていたけれど、早出してこなした仕事(ある現場のヘルプ)はけっこうハードでしたぁ。わたしなんて甘やかされ班に入れられてたからまだよくて、他のメンバーは相当しんどかっただろうなあ、と同情します。

でもま、若いうちはどんどんしんどい思いをした方がよいからね(おばちゃん発言)。うちのチームの20代女子と現場への往き帰りが同じ車だったのだけれど、リーダーのわたしが居るのに、「これから帰って仕事をすると思うといやになる~」なんてことを平気で言うんですよね。「それ、リーダーの前で言うかね?」と叱るも、どこまでこたえていることやら。完全になめられてますな。

現場のしんどさを知ることができたという点では意味がある一日でした。帰って残務していつもの定時で退社。早出の手当ても何にもつかない、部下からはなめられる管理職です。だが、それほどわるくはない、と思っている。
[PR]
by yu_ppie66 | 2013-03-08 22:41 | 戦いの日々 | Comments(0)