上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

ラブリー休暇は母のために?

有休休暇。申請事由は「ラブリー休暇」ってことにして(!)、昨夜退社寸前に、直属上司の総務本部長に伝える。「どこか行くの~?」「多分どこにも行かない・・・。」

ふたりとも風邪っぴきゆえ、今朝はゆっくり朝寝。朝食はたいてい(イラチで手早い)妻が準備することになっております。
c0069036_16244940.jpg
カフェオレ(夫はホットミルク)/ヨーグルト(りんごとキウイフルーツとハチミツ)/やや焦げ気味のレーズンロール。

その後、今回の夫へ与えた任務のひとつ、「メタルラックの解体」をふたりで。
c0069036_16272536.jpg
おかげで予備室はさらにすっきり!! ※解体前

しかし夫が帰ってくるまでにこの予備室を片付けてまくっていたことが夫婦関係の危機を呼ぶ? ・・・というのはおおげざですが、夜風がはいってくるこの北側の部屋のシングルパイプベッド(姪っこが学生時代に使っていた)で夫は寝たがり、わたしたちには考えられなかった夫婦別室生活を前半は送ったのでありました。まあ、わたしもひとりでのびのび寝られるほうがいいんですけどね。


お昼は滞在中はたいてい食べに行くうどん屋さんへ。
c0069036_16341815.jpg
わたしはいつものハイカラそば(うどん屋なのに蕎麦を頼んでます)、夫は秋限定のきのこ天麩羅うどん

テレビ取材がはいってました。美味しいは美味しいけど、以前ほどの感動はなくなってきたかな。特に追加で頼んだ鶏カツ半丼はごはんの上に鶏カツ3切れが置いてあるだけで、他のお店ならなんとも思わないけど、このお店だともうちょっとなんかくふうがないのか、と残念でした。取材に気を取られ過ぎてて、ってことはないよね?

うどん屋さんを出て、同じく風邪っぴきの母(こっちも夫がうつした?)のお見舞いに。途中、回転寿司で母の好きなネタのにぎりを持ち帰りにしてもらう。夫の作った茄子と豚肉炒めを詰めたタッパー、みかん、ぶどうゼリーなども持っていったら母は感激してました。

そして母のおつかいで地元の市役所に手続きに行き、さらに家電量販店で湯沸しポットを買って母にプレゼントし、お風呂の灯油を夫が給油する、という万全の親孝行っぷりでした。

なんでだろう?夫と一緒だと心に余裕ができるのか母にもやさしくできる気がする。

滞在中、なんとかもらった有給休暇はこんなかんじで終わりかけています。明日朝の便で夫は上海へ戻ります。
[PR]
by yu_ppie66 | 2013-10-03 17:28 | 2013国慶節在日本 | Comments(0)