上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

あちこちやばい

お昼休みに定期健診&クリーニングのため歯医者さんへ。ちょっとセレブっぽいでしょ?

なんて浮かれている場合ではなかった・・・。1年ぶりにレントゲン撮ったら、以前根管治療したところが完治していないから、「歯根端切除術をしましょう」とドクターに言われ、動揺しまくる。「根っこのところの歯茎をはがして根っこの先を切り取ります」というドクターの説明、コワすぎるんですけどぉ。

さっそく明日の夜予約を取られそうになって、「ちょ、ちょっと心の準備ができてないんで」と来週にしてもらいました。

友人の歯科衛生士、Aちゃんに「本当にやらなきゃだめ?」と相談すると、さすがに歯のたいせつさを知るAちゃんからは「これからも長い付き合いだからメンテナンスしておいたほうがいいよ。」とアドバイスが。そして、「●ちゃん、以前も××歯科(Aちゃんの元勤務先、わたしはそこの患者で知り合ったのだ)でその処置してるよ」と言われ、思い出した。あれ、20年以上前に治療したのも同じ歯だ、そしてその手術中に気分悪くなったわ。ますますコワい・・・。

Aちゃんのアドバイスでいったん覚悟は決めたけれどやっぱり躊躇してしまう。

今のドクター、腕はいいんだろうけど気分屋なところがおおいにあるので、「そろそろ手術でもしてみたいなあ」と思ったかもしれないし。(根管治療のときはたまたま勉強会だったみたいで、たくさんの歯科医に見学されたからね。「患者に許可は要らないのか?」とちょっと思ったけど、そういうシーンではいつも以上にがんばってくれるだろうから、と我慢しました。)

うちの身内はみんな「痛くなってからでいい」「歯だけ気をつけてもね」というのんきな意見。健康オタク(自身の健診結果は省みず)の夫は「歯よりもっと他のところを治して」と。そうなんです、けっこうあちこちボロボロなんです、わたし。

とりあえず明日歯科に電話して、衛生士さんに「今じゃないとだめ?」と訊いてみよう。

ところで夫に連絡したときは。上司(日本人)に頼まれた漢方薬を買いに薬局に居ました。
c0069036_2352161.jpg
これは南昌の実家近くの薬局です。

次に掛け直したときは、公萬の敷地内の「池のほとりで休んで」居たとか。夜の21時半に何たそがれてるんだ?「そろそろおうちに入ってくださ~い」と切りました。
[PR]
by yu_ppie66 | 2013-10-21 23:59 | 戦いの日々 | Comments(0)