上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

キッシュ食べながら同世代トーク、老後と全日本フィギュア

帰省中の元同僚とランチデート。
c0069036_14381462.jpg
c0069036_14383264.jpg
c0069036_14385060.jpg
キッシュのセット。前菜もデザートも充実。ポットでサービスされるコーヒーもおいしくて、これが1,000円でいただけるなんてすばらしいと思いました。上海でこの雰囲気、このお味だと倍くらいかかるかも(円安込みでね)。

こんな女子度の高いランチをいただきながらの話題は、老いていく親のこと、さらには自分自身の老後のことなど、同世代で、子どもなし、能天気な夫ありという境遇同士ならではのものに。もう共感しまくりでしたね。「同世代の友人たちが子育てに追われているこの20年を自由し放題だったつけが来てるよね~」と。親の介護で先が見えない暗澹たる状態のなか、それでも心の支えになったのは能天気な夫の存在だったりする、というのもまったく同意見でした。

しかし埼玉在住の彼女、先日の全日本フィギュアは現地で観戦したんだって。もう大ちゃんのときの会場の雰囲気は独特で、転んでもすごい拍手がおこり、「(ソチに)大ちゃんが行かないなんてありえない」と確信したとか。

全日本の前でソチがほぼ確定していた羽生くん真央ちゃんの演技はわりとあっさりで、「え?もう終わり?」という感じだったけど、それ以外のオリンピックがかかった選手の演技はみんなすごい気迫が伝わって来て感動したそうです。鈴木明子さんのオーラもすごかったとか。で、安藤美姫ちゃんの演技に泣けた、そうです。

あの氷上の数分間に背負ってきたもの、背負っているもの、その人の人生そのものが、観ている人に伝わるものなんですねえ。話を聞いただけでこちらも泣けそうでした。
[PR]
by yu_ppie66 | 2014-01-04 14:58 | まったり休日 | Comments(0)