上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

震度4!! で、いろいろ考える

深夜2時過ぎ、大きな揺れを体感、けっこう長く揺れてた。揺れが収まってからも外からゴーゴーと風の舞う不気味な音が聴こえるし、救急車のサイレンも聴こえるし、なんといってもカラスの鳴き声がいやなかんじでした。

母に連絡、無事を確認して、スマホで地震情報をチェック。震源地が伊予灘とわりと近かったことにむしろホッとした。震源地から離れていてわが地方がこの揺れだったら近いところはとんでもないことになってたはずだから。

目が冴えてきたので、ラジコで深夜ラジオ(ナイナイ→アルコ&ピース)を聴き始め、でもそのうち寝てました。

こんなことが起きるたびに、ひとりで死にたくないなあ、と切実に思う。

実は昨夜寝ようとして、間違えて夫に発信してしまった。彼は完全夢のなかだったんだけど、これって何かの予言かしら。そういえば、5-6年前、夫が日本から上海へ飛行機で向かっている時間になぜか夫からのワン切り着信がありました。まったくもって不思議だったので、後から訊けば、その便は乱気流に巻き込まれてすごく機体が揺れて、一度急降下した際、「やばい、もう●ちゃんに会えなくなるっ!」と覚悟を決めたんだって。それがまさにワン切りコールの時間帯だったので、もしかして、夫の思いがわたしの携帯電話を鳴らした?なんてふたりで言い合いました。

しかし、うちの会社の安否確認システムは今回の地震でまったく作動せず、どういうことだ!? 

本日ひとりランチ。まずは書店でオードリーちゃん関連の記事を立ち読みして、パン屋さんでイートイン。
c0069036_0252469.jpg
カルツォーネとコーヒー
c0069036_0275180.jpg
ちょっと物足りない気がして、持ち帰り用にしていたメロンパンも半分かじる。これで600円超えなので、ドトールとか、サンマルクカフェで食べた方がお手頃だったかしら、と貧乏くさいことを考えちゃいました。

いやいや、おいしいもの、食べたいものを食べて、好きに生きていく!!
[PR]
by yu_ppie66 | 2014-03-14 23:59 | 戦いの日々 | Comments(0)