上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

雨の休日、社会問題&中国史を語る

立秋前、駆け込み暑中お見舞
c0069036_11343327.jpg
ペンと透明水彩絵の具で描いてます。20年近く前、水彩画を習っていたことがあり、ひさびさに絵の具を使おうと思ったらさすがに固まってチューブから搾り出せず。パレットに残っていた絵の具を使いました。なかなかいい出来だと思ってるんだけど。

これは書道教室の宿題。上海行き→東京出張と非日常の日々が続いたけれど、いろいろ取り戻しつつあります。

中国語学習も復活。
c0069036_11384848.jpg
5月から朝はラジオで当日放送を聴き、夜はストーリーミングで前週分を復習、そして週末にまとめて再復習、というパターンを続けていたけれど、ここに来て夜はギブアップ(難易度が上がりすぎていること、夫から「そういう言い方はあまり使わないな」と指摘されたことなどにより。) でも週末にまとめて前週分を復習するのはやっておこう、と昨夜は実家でがんばる。

実は東京での研修の朝の通勤時間がちょうどこちらと同じで、都営浅草線のなかでラジオ学習ができるタイミングだったんだけど、さすがに東京の通勤ラッシュにおそれをなしてやめておきました!

昨日は実家へ帰り、母を掛かりつけの内科へ連れて行った後、姉宅へ。
c0069036_11453429.jpg
東京土産とブスカワ2歳児のおもちゃ、おしゃべりくまもん持参。

車中での母との会話。「最近エアコンの室外機が盗まれるらしいね。」「なんで、人のもの盗もうと思うのかな、せっかくこの世に生を受けたらなら『人を困らせるために』じゃなく『人の役に立つために』行きようとすべきだよね。」「でも自分が満たされてないとなかなかそう思えないのかもね」社会派母娘!!

さて、最近このブログの登場頻度がひくい夫ですが、毎日(平日は1回、休日は2-3回)生存確認はしてます! 本日の電話では、今の会社の董事長への不満が止まらない夫、「隋は38年、唐は300年」ということばの説明を延々してました。わたしは初耳だったけれど、ビジネスではよく使われる言葉のようです。「隋の王様は優秀だけれどあれこれ細かいことまで自分が口出しした結果短命政権に終わった。唐の王様はそこまで出来ないけれどうまく人を使った結果長期政権になった」。つまり今の董事長があれこれうるさくて仕事が進めにくい、ということらしい><

しかしながら「■ちゃん、いい話してくれてるんだけど、ちょっとトイレに行きたくなって」「えー。」で、いったん熱弁終了~。
[PR]
by yu_ppie66 | 2014-08-03 12:00 | 国際別居婚ライフ | Comments(0)