上海通い婚の日々 *そして再び国際別居婚へ* shkayoikon.exblog.jp

上海在住の中国人年下夫との別居婚の日々 *夫の日本での就職が決まり国内週末婚となって3年半、夫が上海で起業のため再び国際別居婚生活へ*


by yu_ppie66
プロフィールを見る
画像一覧

2015夏旅Day3 釜山港よりカエル ~南浦洞~

雨模様の釜山。朝ごはんは、わたしリクエストのシンチャントースト。予習のおかげで迷わずたどり着けました。
c0069036_14561767.jpg
スペシャルトースト3,000ウォンと桃ジュース2,000円。ふたりで仲良く分け合いました。この後スンドゥブチゲを食べに行こうかという案もあったけれど、パスしてBIFF広場まで戻り、一応手形の写真を撮ってみる。
c0069036_14561770.jpg
チャガルチ市場を歩いて、農協ハロナマートで買い物してホテルに帰ってきました。
この時点でまだ9時。夫は部屋でチェックアウトまで休憩するというので、わたしひとりフラフラ。光復路でコスメ買ったり、ロッテデパートをフラフラしたり。(やっぱり買い物は女子旅がよいな・・・)
c0069036_14561731.jpg
11時からの噴水ショーを見学。いやいや10年前、夫の実家の公園でもっとすごいの観てるからねえ。でも水に映像が映し出されるのはいまどきでした。10分くらいで飽きて、今回BIFF広場で買えなかったホットックを買い、夫のために持ち帰ったのでした。部屋で分け合って食べる。釜山のはナッツがたっぷりはいっていてソウルでたべたのより断然好みです。

12時にホテルをチェックアウト、荷物だけ置かせてもらってから近くの釜山サムゲタンへ。お店はランチタイムで大賑わいでしたが、二人席だけ空いていてすぐ案内してもらえました。過去のソウル旅行はサムゲタンかタッカンマリのどちらかはマストだったので、そこそこサムゲタンにはうるさい私、土俗村を思い出す味でした。チョンマリ マシッソョ~!! 付きだしが充実しているのがおいしい。水大根キムチ、好き~。

12,000ウォン×2。お会計時に「忙しくてごめんなさいね」とおじさまに謝れたくらい、バタバタしていて大繁盛してました。それだけ地元でも人気のお店ってことですね。
c0069036_14561829.jpg
その後デパ地下で船で食べる用にお弁当を買う。お弁当ができるのを待っている間、上品なおばあさんに「日本人ですか?」と声掛けられた。高知県で育って、終戦で釜山に戻ってきたそうです。「今日本語勉強していて、日本語でお話したくって」とかなり流暢な日本語でした。「ひとりで来ているの?」「いえ、夫があちらに居て・・・」などとおしゃべり。「お話できてうれしかったわ」とお別れしました。反日はいずこに?彼女がどんな子供地代を日本、高知で過ごしたのか、いじめられてなかったのか、帰国してからの生活はどうだったのか、別れてからも気になりました。でもとても穏やかな表情をされていたので今は幸せなのでしょうね。

荷物をピックアップし、雨の中釜山港まで歩く。こういう修行的な旅はいいかげんやめたいんだけれど、どうしてもこうなってしまう!悪天候のため定刻より10分遅れでビートル号出発、明年見!釜山。来年夏も夫は来る、と言ってます。

そこそこ船は揺れてたようですが、酔い止め薬のおかげで寝ていて気づかず。目覚めてお弁当を食べました。これも美味しくて、本当に今回食べたものすべてアタリでした。

博多港からバスで博多駅へ、さくらに乗り込み地元駅について路面電車最終に滑り込み。最後までぎりぎりスケジュールになりましたが、楽しい3日間でした。おしまい。


[PR]
by yu_ppie66 | 2015-08-13 15:25 | 2015暑假釜山+ | Comments(0)